シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ブリック
(C) 2005 FOCUS FEATURES LLC./WISEPOLICY
英題:
BRICK
製作年:
2005年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2007年4月14日
(渋谷シネアミューズ ほか)
上映時間:
配給:
ワイズポリシー
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/SR/SRD

チェック:サンダンス映画祭で上映され、審査員特別賞を受賞した学園ミステリー。南カリフォルニアの高校で、女子生徒が何者かに殺された事件の真相を、女子生徒の元恋人が探っていく。監督は本作が監督デビューとなる新鋭ライアン・ジョンソン。主人公の少年を『陪審員』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じる。ユーモラスでミステリアスな、独特の作品世界が堪能できる。

ストーリー:南カリフォルニア郊外のサンクレメンテ高校。学園のアウトサイダーを貫くブレンダン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、電話口で意味不明の言葉を口走った元恋人エミリー(エミリー・デ・レイヴィン)の行方を追う。何とか彼女と会うことができたものの、翌日、ブレンダンは排水坑の前で遺体になったエミリーを見つける。

ブリック
(C) 2005 FOCUS FEATURES LLC./WISEPOLICY

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ブリック』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • BRICK ブリック from 晴れたらいいね~ (2010年9月26日 1時19分)
    DVDでは、「消された暗号BRICK-ブリック-」と題名が変わってる。LOSTの人気にあやかり、LOSTのクレア役のエミリー・デ・レイビンを前面にだしてのジャケだった。そうだ、だから覚えていたし、旧作で借りようと思ったんだ。彼女は、重要な役だけど主演じゃない。ヒロインっ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「BRICK―ブリック―」DVD発売 from I N T R O (2007年10月13日 23時6分)
    南カリフォルニアのハイスクール。そこで発見された少女の他殺体。彼女はいったい誰に殺されたのか?幾重にも張り巡らされた“謎の記号”が、不可思議な迷宮の世界へと導いていく……。1930年代のアメリカ探偵小説のスタイルを引用しながら、舞台を現代の高校に置き換えるという斬新なスタイルで、サンダンスで注目を浴びた新鋭ライアン・ジョンソン監督の長編デビュー作がDVD化。(作品レビューあり) 11月9日発売! ...[外部サイトの続きを読む]
  • ブリック from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年5月30日 5時47分)
    ハードボイルドの世界を現代のLAの高校に置き換えたアイデアが秀逸。平和な日常の裏側の闇の世界がテーマだ。主人公はトレンチコートの代わりにフード付きパーカを着て事件を追う。麻薬がらみの展開が妙にリアルなのはさすがに米国だ。笑わない主人公の秘めたロマンティシ.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 ブリックBRICK from Lost in Australia (2007年5月20日 11時24分)
    シェアブログ1571に投稿 ↑ シェアブログに投稿するために必要な表示です この映画 第二のドニー・ダーコ という触れ込みだったので 迷わず選びました。 サンダンス映画祭で 大絶賛された というのも 惹かれた理 ...[外部サイトの続きを読む]
  • BRICK from Brain Death (2007年5月11日 7時57分)
    元彼女が殺され、その犯人を捜す主人公のストーリー。 主人公は冴えない服装だしメガネクンだし、一見弱そう。 しかし頭がキレる上にケンカもめちゃ強い!と言うわけで、ヒヨワ君のさすらい旅というのとはちょっと趣が違う。 行動力もあり、推理力もあるので、暗い雰囲気だがテンポはいい。 謎の組織がからんだ辺りから、面白さも追加。 謎の組織なのに、アジトがボスの家の地下なので、ダイニングではお母さんが普通に接客。 小さいコップにジュース入れてくれます。 ボスの弟(だと思う)のバカっぷりもいい。見た目から筋肉バカなんだけど ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年4月9日の週の公開作品
  3. 『ブリック』