シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
(C) MMVI NEW LINE CINEMA PICTUREHOUSE HOLDINGS,INC./HBO PICTUREHOUSE HOLDINGS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
FUR:AN IMAGINARY PORTRAIT OF DIANE ARBUS
製作年:
2006年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2007年5月26日
(シネマGAGA! ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR/ドルビーデジタル/R-18

チェック:過激な題材によって写真芸術の概念に一石を投じた、天才写真家ダイアン・アーバスにオマージュを捧げる官能ラブストーリー。多毛症の隣人との出会いをきっかけに、貞淑な妻から自立した写真家へと変化していくヒロインを『めぐりあう時間たち』のニコール・キッドマンが演じる。監督は『セクレタリー』の異才スティーヴン・シャインバーグ。ダイアン・アーバスの人生に、独自のイマジネーションで肉薄した監督の手腕が光る。

ストーリー:裕福な両親とファッション・フォトグラファーの夫を持つダイアン(ニコール・キッドマン)は、隣に越してきた男ライオネル(ロバート・ダウニー・Jr)に興味を抱く。ライオネルは奇妙なマスクで頭を覆い、コートで全身を隠していたのだが、それは全身が毛むくじゃらの多毛症を隠すためだった。

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト
(C) MMVI NEW LINE CINEMA PICTUREHOUSE HOLDINGS,INC./HBO PICTUREHOUSE HOLDINGS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『毛皮のエロス』の感想 <ネタバレあり> from 少年トッパのブログ (2007年10月5日 15時24分)
    えー、改めて『毛皮のエロス』の感想を書いておきます。  では、まずは日本語タイトルへのツッコミ。  正式な邦題は『毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』。なんちゅう長いタイトルじゃい。原題は『FUR:AN IMAGINARY PORTRAIT OF DIANE ARBUS』なのでサブタイトルはほぼ直訳だけど、もうちょっと何とかならなかったんだろうか。ほら、原題だと「タイトル+サブタイトル」なんだけど、邦題は「タイトル+人名+サブタイトル」になっちゃってるもんね。  ほぼ直訳ではあるもの ...[外部サイトの続きを読む]
  • 毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレート from 晴れたらいいね~ (2007年8月9日 0時42分)
    こんなん観てみました。ニコールは、相変わらずお綺麗でごじゃいます。ぬぎっぷりも、いいよね、再婚したけどさぁ。でもなぁ、彼女こんなふうな映画でいいんだろ~か??という疑問もあるなぁ。うん毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~原題:FUR:AN IMAG... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレート from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年7月24日 0時13分)
    オスカーを受賞してますます挑戦的なニコールの作品選びに注目。実在の女性写真家が、異形に惹かれ才能を発揮していく様を、幻想的に描く。映画としては少々メリハリに欠けるが、恐怖と好奇心の果てに美を追求する姿勢にアーティストの魂を感じる。NYの優雅な上流社会の描.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレート」 from prisoner's BLOG (2007年6月8日 19時56分)
    ダイアン・アーバスの名前はスーザン・ソンタグの「写真論」で見たことがある程度で、身近にいる特殊な人間の写真ばかり撮っていた人だということくらいしか知らなかったが、役の選び方に才覚を見せるニコール・キッドマンがやると聞いて期待していた。 ロバート・ダウニー・Jrの多毛症の男は、どうも昔の(「ハウリング」前の)狼男みたいだなあと思っていると、Diane Arbusのダイアンという名前が初めのうちディアナと呼ばれているが、これギリシャ神話の月の女神の名前だと気づいた。 男はいわば狼男が月の光に照らされて変身する ...[外部サイトの続きを読む]
  • 毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト from 映画通の部屋 (2007年6月3日 18時43分)
    「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」 FUR:AN IMAG ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年5月21日の週の公開作品
  3. 『毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』