シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アコークロー

アコークロー
(C) 2007 彩プロ/マルティ・アンド・カンパニー
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2007年6月16日
(シアターN渋谷 ほか)
上映時間:
配給:
彩プロ
35ミリ/カラー/アメリカン・ビスタサイズ/PG-12

チェック:沖縄の民間伝承をモチーフに、ある事件に巻き込まれた男女が罪悪感から次第に非現実的な存在に取り憑(つ)かれてゆく本格ホラー。モデル出身の田丸麻紀が初主演を務め、共演には忍成修吾、エリカなど若手実力派が顔をそろえる。本作が長編第1作となる岸本司がメガホンを取り、スタッフも沖縄出身者が結集。アコークローとは沖縄の方言で夕暮れを指し、これまでの陽気で明るい「オキナワ映画」とは異なる沖縄の郷土性を描き出している。

ストーリー:交通事故に巻き込まれ姉の子どもを死なせてしまい、沖縄に移住した恋人の浩市(忍成修吾)を訪ねてきた美咲(田丸麻紀)。沖縄での暮らしに慣れ始めたころ、第二子を流産して以来心を病んでいる早苗(菜葉菜)が現れる。彼女の思わぬ行動がとり返しのつかない事件を起こしてしまい、美咲たちは次第に精神に異常をきたしてゆく。

アコークロー
(C) 2007 彩プロ/マルティ・アンド・カンパニー

スタッフ

監督・脚本:
製作: 高澤吉紀 / 小黒司
プロデューサー: 津島研郎 / 有吉司
撮影: 大城学
照明: 金城基史
編集: 森田祥悟
美術: 濱田智行

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • アコークロー from ダイターンクラッシュ!! (2010年5月12日 12時38分)
    6月23日(土) 21:40~ 109シネマズ川崎9 料金:1200円(レイトショー) パンフ:700円 『アコークロー』公式サイト 途中から、これを見ることにしたのを激しく後悔。最初の5分くらいは、面白かったのに。 しかし、その最初の5分は、本編とまったく関係がなかった。霊能者役のエリカを紹介するためだけに存在? ちっとも怖くないホラー映画。 小田エリカ改めエリカ以外、見るものはない。 タイトルロールでエリカという名前を見たときは、宍戸江利花を思い出した。関係ないけど。 お勧め度 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年6月11日の週の公開作品
  3. 『アコークロー』