シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
18歳以上がご覧になれます

人が人を愛することのどうしようもなさ

公式サイト:http://hito-hito.jp/
人が人を愛することのどうしようもなさ
(C) 2007東映ビデオ
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2007年9月8日
(銀座シネパトス ほか)
配給:
東映ビデオ
R-18

チェック:『死んでもいい』『花と蛇』シリーズの石井隆監督が放つ、ねじれた男女の愛憎劇。夫の浮気に悩む女性が娼婦として街に立つことで、行き場を失った心を解放してゆく姿をエロティックに描く。ヒロインには本作が12年ぶりの主演作となる喜多嶋舞があたり、アクションや過激なベッドシーンなどの体当たり演技を披露。彼女の夫役に『GONIN2』でも共演した永島敏行がふんするほか、竹中直人、津田寛治といった実力派が脇を固める。

ストーリー:人気女優として活躍する名美(喜多嶋舞)は、夫の洋介(永島敏行)との愛のない結婚生活に心身ともに疲れ果てていた。そんな彼女の新作主演映画は、夫の不倫に傷つき精神のバランスを崩したヒロインが、娼婦として街に立つというスキャンダラスな内容。孤独な女の生きざまに迫った物語は、いつしか名美の人生と重なってゆく。

人が人を愛することのどうしようもなさ
(C) 2007東映ビデオ

スタッフ

監督・脚本:
照明: 牛場賢二

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『人が人を愛することのどうしようもなさ』の感想 from 少年トッパのブログ (2007年10月5日 15時14分)
    えー、ネタバレありです。っつーか、上のタイトルに「※ネタバレあり」と入れたら「タイトルが長すぎます」と表示されてアップロードできませんでした。このブログ、タイトルは30文字以内なんです。  まあ、そんなことはともかく、『人が人を愛することのどうしようもなさ』の感想を。先に言っておくと、これは映画館で観る価値アリです。 *     *     *     *     *  いやぁ、喜多嶋舞が凄い! これに尽きるでしょ。大胆なヌードを披露している、という程度の予備知識しか持っていなかったので、ここまでやっ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 女優・喜多嶋舞 愛/舞裸舞 映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」より from ぐぐネタ (2007年8月9日 11時50分)
    【女優・喜多嶋舞 愛/舞裸舞 映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」より】 監督:石井隆 出演:喜多嶋舞 津田寛治 永島敏行 美景(2007東映ビデオ)117分予定・R-18 ■9月8日(土)より銀座シネパトスほか全国ロードショー 喜多嶋舞が過激シーンに.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2007年9月3日の週の公開作品
  3. 『人が人を愛することのどうしようもなさ』