シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オリヲン座からの招待状

公式サイト:http://www.orionza-movie.jp/
オリヲン座からの招待状
(C) 2007「オリヲン座からの招待状」製作委員会
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2007年11月3日
上映時間:
配給:
東映
カラー

チェック:京都を舞台に激動の時代に翻弄(ほんろう)されながらも、老舗の映画館を守り続けた男女の純愛と奇跡を描く感動ドラマ。浅田次郎の「鉄道員(ぽっぽや)」最終編に所収されている同名小説を、『ジェニファ 涙石の恋』の三枝健起監督が映像化。主演は『たそがれ清兵衛』の宮沢りえと『硫黄島からの手紙』の加瀬亮。貧乏に耐えながら映画館を守り続け、映画への明かりをともし続けた2人の固いきずなが感動を呼ぶ。

ストーリー:昭和25年の開館以来、オリヲン座の館主を務めてきた豊田松蔵(宇崎竜童)が病に倒れ、その弟子だった留吉(加瀬亮)が志を引き継ぎ、先代の妻トヨ(宮沢りえ)と映画館を守ることになった。映画産業が斜陽になり、周囲の人間に陰口をたたかれながらも、2人は映画を愛し、互いを思いやり続けた。

オリヲン座からの招待状
(C) 2007「オリヲン座からの招待状」製作委員会

スタッフ

監督:
原作: 浅田次郎
撮影: 柳田裕男
音楽: 村松崇継

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オリヲン座からの招待状』の映画ニュース

  • 女優の宮沢りえ主演で直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を映画化する『紙の月』の主題歌が、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコの「Femme Fatale...に引き起こす巨額横領事件を描く。宮沢は『オリヲン座からの招待状』(2007)以来、7年ぶりの映画主演となる...
  • 加瀬亮が初の父親役!函館から生まれた映画『海炭市叙景』完成
    11月に函館先行公開の後、12月上旬より渋谷ユーロスペースにて公開される映画『海炭市叙景』で、加瀬亮が初の父親役に挑んでいることがわかった。『海炭市叙景』は、加瀬の...いいら立ちを募らせていく役どころ。映画『オリヲン座からの招待状』『それでもボクはやってない』『重力ピエ...
  • 工藤夕貴、母性本能をフル発揮!自慢の“息子”を大絶賛で親バカ?
    7日、丸の内TOEI2で映画『春よこい』の初日舞台あいさつが行われ、主演の工藤夕貴、小清水一揮、そして三枝健起監督が登壇した。 本作で逆境の中、家族を守り続ける母親を熱...露していた。 実は三枝監督も前作の映画『オリヲン座からの招待状』に出演した小清水の演技を高く評価してお...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「オリヲン座からの招待状」 from prisoner's BLOG (2009年1月3日 0時15分)
    未亡人に対する無償の愛の物語という点で、劇中しきりと上映される「無法松の一生」とだぶるようになっているのね。 経営が苦しくなってもピンク映画はかけないという方針は「純愛もの」としては仕方ないか知りませんが、実際問題として成人映画の作り手が今の日本映画のかなりの部分を支えているのだから、あまりいい感じはしない。そこまで奇麗ごとにしなくていいのではないか。 「ニューシネマパラダイス」みたいに映写機が一台しかないなんて初歩的な考証上の大ポカが目立たないのはいいけれど、案外映画人が描く映画館って、リアルではない。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「オリヲン座からの招待状」時代は変わる、映画は変わるな from soramove (2007年11月25日 0時25分)
    「オリヲン座からの招待状」★★★★映画ファンにススメます 宮沢りえ、加瀬亮主演、宇崎竜童、樋口可南子 、原田芳雄 、田口トモロヲ 出演 三枝健起 監督、20077年、116分 オリヲン座という映画館が舞台。 昭和30年代の映画黄金時代から、 TVの出現で映画... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 怨 違 恰乾 蚊 喝婚 緇 吟 from c 脂え с 帥 鐚 c 脂え ц 鐚 (2007年11月23日 22時2分)
    筝 d c 祉 11/3 筝 札 ユ 脂え 茵 c 胼 吟 с с 若 帥 ュ臼 激 鐚 鴻 若 潟 障 鴻 若 潟 ゃ c 12/7 障 с 筝 ラ 宴 帥 祉 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「オリヲン座からの招待状」昭和30年代対決…ガンバレ!東映!! from シネマ親父の“日々是妄言” (2007年11月22日 1時10分)
    昭和30年代の映画館を舞台に、男女の長年にわたる純愛を描く本作。「オリヲン座からの招待状」(東映)。人の心を信じてみたくなる、優しい優しい映画です。  離婚間近の祐次(田口トモロヲ)、良枝(樋口可南子)の許に一通の手紙が届く。それは京都にある映画館・オリヲン座からの、“閉館謝恩興行”の招待状だった。手紙の送り主は、オリヲン座の館主・留吉(原田芳雄)。『行かない』と宣言する祐次に、『連れて行ってほしい』とせがむ良枝。オリヲン座は、幼馴染みだった2人にとって、幼少の頃を過ごした想い出の場所だった…。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • オリヲン座からの招待状 from ともみの言いたい放題♪ (2007年11月21日 22時13分)
    レディースデーを利用して鑑賞しました。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年10月29日の週の公開作品
  3. 『オリヲン座からの招待状』