シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ヴィーナス

ヴィーナス
(C) 2006 Venus PicturesLtd/UK Film Council/Channel 4 Television Corporation
英題:
VENUS
製作年:
2006年
製作国:
イギリス
日本公開:
2007年10月27日
(シャンテ シネ)
上映時間:
配給:
ヘキサゴン・ピクチャーズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD

チェック:20代の奔放な女性の登場により、自分の人生を見つめ直す70代の男性の心の旅が描かれるヒューマンドラマ。監督は『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル。主人公モーリスの心をかき乱すヒロインを新人女優ジョディ・ウィッテカーがみずみずしく演じる。本作でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた、オトゥールの名演に注目だ。

ストーリー:モーリス(ピーター・オトゥール)とイアン(レスリー・フィリップス)は、1度も大役を演じることもなくベテラン俳優となってしまったさえない役者仲間。ある日、イアンの姪の娘ジェシー(ジョディ・ウィッテカー)が田舎町からやって来たことにより、2人の穏やかな生活は一変。モーリスは自由奔放なジェシーに夢中になる。

ヴィーナス
(C) 2006 Venus PicturesLtd/UK Film Council/Channel 4 Television Corporation

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヴィーナス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ヴィーナス from 晴れたらいいね~ (2008年5月8日 0時16分)
    GWに借りたDVDを返しに行って、借りてきました。まぁ、私も肉体的にはとっくに「老い」つうものを意識してるおばはんです。何もかもが、引力の法則にしたがっているは、あちこち痛いとこだらけだし脂肪の付き方も変わったし…精神的には、よーちですが…これは、おじいが主... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヴィーナス」 from 元・副会長のCinema Days (2007年11月27日 6時35分)
    (原題:Venus )いわゆる“老いらくの恋”を成就させるためのノウハウが網羅された、なかなか含蓄に富んだ映画である(笑)。  まず、ジジイになってから“若いねーちゃんと仲良くなろう”と思い立っても無駄である。本作のピーター・オトゥールのように、若い頃はバリバリで、かつまた深い教養と人脈を備えていることが必須だ。極端に腰が曲がっているのもNGだし、加齢臭プンプンで身だしなみに気を遣わないのは論外。老年になる前にそういう状態にならないようにちゃんと準備しておかなくてはならない。  そして、押しつけがま ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヴィーナス from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年11月17日 18時4分)
    平凡な俳優がやったらキワモノになってしまう題材を、名優で若い頃は超美形のピーター・オトゥールが演じたことで、説得力のある興味深い作品になった。物語は、老境に入った元名優が若い女性に惹かれて人生最後の輝きを求めるもの。ただし、老いらくの恋ではなく、最後まで.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヴィーナス  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2007年11月14日 4時12分)
    今死にかけている人にも、自分はまだ死なないと勘違いしている人にも。 早死にしない限りはどんな人も老います。自分が老人となったときにどんな老後をすごすことになるのか。どんな死に方をするのか。この映画の主人公 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヴィーナス from ゆるり鑑賞 Yururi kansho (2007年11月10日 22時13分)
    監督 ロジャー・ミッシェル (2006年 イギリス) 【物語のはじまり】 モーリス(ピーター・オトゥール)は70才代のベテラン俳優。 かつての俳優仲間達と刺激のない日々を過ごしてい... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年10月22日の週の公開作品
  3. 『ヴィーナス』