シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ゾンビーノ

公式サイト:http://zombino.jp/
ゾンビーノ
(C) 2006 ZOMCON MOTION PICTURE DIVISION INC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
FIDO
製作年:
2006年
製作国:
カナダ
日本公開:
2007年10月27日
(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ほか)
上映時間:
配給:
ショウゲート
カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD

チェック:凶暴なゾンビがハイテクアイテムで調教され、人間のペットとして活用される小さな町を舞台にした新感覚のゾンビ映画。監督はカナダの新鋭アンドリュー・カリー。ゾンビと心を通わせ合うようになる主人公の少年を子役のクサン・レイが、その母でゾンビに恋心を抱くようになる女性を『マトリックス』シリーズのキャリー=アン・モスが演じる。時ユーモラスでダークな独特の世界観に注目。

ストーリー:のどかな田舎町ウィラードでは、ゾムコン社によって開発された特殊な首輪着けられたゾンビが、人間によって飼われていた。そんな状況に違和感を覚える少年ティミー(クサン・レイ)だったが、ある日、ご近所の目を気にする母ヘレン(キャリー=アン・モス)の主張により、彼の家でもゾンビ(ビリー・コノリー)を飼うこを決めた。

ゾンビーノ
(C) 2006 ZOMCON MOTION PICTURE DIVISION INC. ALL RIGHTS RESERVED.

スタッフ

監督・脚本:
特殊メイク: トッド・マスターズ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ゾンビーノ』の映画ニュース

  • 恐怖映画に変化の兆し!? ユーモアも光るゾンビ映画
    ゾンビ映画は怖くて気持ち悪いものと思われる方も多いだろうが、そんなイメージはここ数年で変わり始めており、異端のゾンビ映画が次々と登場している。 この流れを作り出し...ので、観客の側も共感を抱きやすい。映画『ゾンビーノ』『ゾンビランド』『ロンドンゾンビ紀行』...
  • 滝川クリサヘルとルー大柴に親戚説浮上!?
    22日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~』の先行上映イベントが行なわれ、ルー大柴と滝川クリサヘルことサヘル・..."【関連記事】前代未聞!「鷹の爪団」と「ゾンビーノ」のコラボムービー登場!" url="http://ci...
  • キャリー=アン・モス、ロマンティック・コメディへ出演
    キャリー=アン・モスが、新作ロマンティック・コメディ『ハンギング・アウト・フッキング・アップ・フォーリング・イン・ラブ』(原題)へ出演するとハリウッド・レポーター...子を持つモスは、最近『ディスタービア』『ゾンビーノ』と母親役が続いている。今回は子供を置い...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ゾンビーノ from 映画のメモ帳+α (2013年6月7日 0時7分)
    ゾンビーノ (2006 カナダ) 原題   FIDO 監督   アンドリュー・カリー 原案   デニス・ヒートン 脚本   アンドリュー・カリー ロバート・チョミアック デニス・ヒートン 撮影   ジャン・キーサー 編集   ロジャー・マティアシ 音楽   ドン・マクドナルド 出演   キャリー=アン・モス ビリー・コノリー       ディラン・ベイカー クサン・レイ ヘンリー・ツェーニー       ティム・ブレイク・ネルソン ソニヤ・ベネット       ロブ・ラベル ア ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ゾンビーノ』 (2006/カナダ) from ★Go!Go! Cinema★私の映画日記 (2011年5月13日 6時8分)
    ●原題:FIDO ●監督:アンドリュー・カリー ●出演:キャリー=アン・モス、ビリー・コノリー、ディラン・ベイカー、クサン・レイ、ヘンリー・ツェーニー、ティム・ブレイク・ネルソン 他 ●過酷なゾンビ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ゾンビーノ(R−12) from ★本当に怖いホラー映画(DVD)★ (2009年12月22日 3時53分)
    僕の初めての友達はゾンビだった!★あらすじ★過酷なゾンビ戦争に勝利した人間たちは、ゾムコン社が開発した調教首輪でゾンビを従順なペットとして、一家に一体(?)飼っていた。少年テ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ゾンビ映画なのにコメディ?! ゾンビーノ from 映画見たまま感じたまま (2009年12月19日 21時31分)
    どうも~、お久しぶりです[E:coldsweats01] 大分前のゲンダイを呼ん ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ゾンビーノ」 from Andre's Review (2008年7月3日 1時10分)
    fido 2007年 カナダ 劇場公開時より気になっていた1本です。ゾンビコメディ映画ということで、この設定だけで完全ノックアウトだったんですが、果てさて感想は・・・。 宇宙から放射能が降り注ぎ、死人たちがゾンビとなって復活するようになってしまった地球が舞台(世界観は1950年代)。ゾンビたちとの激しい戦争の末、ゾンビたちを大人しくさせる首輪が開発され、人々は凶暴なゾンビたちを居住区の外へと追いやり、首輪をつけたゾンビたちを召使として働かせていた。 主人公ティミーの家では父親がゾンビ嫌いだったた ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年10月22日の週の公開作品
  3. 『ゾンビーノ』