シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
カタコンベ
(C) 2006 catacombs Productions Inc. All rights reserved
英題:
CATACOMBS
製作年:
2006年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2007年10月6日
(お台場シネマ・メディアージュ ほか)
上映時間:
配給:
デジタルサイト
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/

チェック:大ヒットシリーズ『SAW』の製作陣による恐怖の巨大迷路サスペンス。パリに実在する地下墓地を舞台に、アメリカからやって来た女性の恐怖のサバイバル体験をじっくりと描き出す。影のあるヒロインを『ホリデイ』のシャニン・ソサモンが体当たりで熱演。P!NKこと歌手のアリシア・ムーア演じる社交的な姉との対比も興味深い。パリの地下全長500kmにも及ぶ不気味な“カタコンベ”は必見。

ストーリー:内気なヴィクトリア(シャニン・ソサモン)は、ソルボンヌ大学に留学中の姉(アリシア・ムーア)を訪ねてパリにやって来る。到着早々、彼女は姉とその仲間たちに700万体もの遺骨が埋まる“カタコンベ”と呼ばれる地下墓地で催されるパーティーに連れて行かれる。しかし、姉たちとはぐれてしまい、地下の迷路に入り込んでいく……。

カタコンベ
(C) 2006 catacombs Productions Inc. All rights reserved

スタッフ

共同製作: ミシェル・グレコ
共同製作総指揮: フォード・ライル・ギルモア
プロダクション・デザイナー: クリスティ・ニクレスク
美術監督: ウラド・ヴィエル

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『カタコンベ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • カタコンベ from 映画と読書 (2008年5月13日 20時54分)
    オチがぁっ、オチがぁっ、オチがぁっ……。 パリに留学中の姉キャロリンを訪ねたヴィクトリア。 キャロリンに誘われ、カタコンベ(地下墓地)で行われるパーティーに参加するヴィクトリア。 しかし、仲間とはぐれ、彼女は1人暗闇のカタコンベに取り残されてしまう。 そこは、700万もの遺体が眠る巨大迷路。彼女は脱出することができるのか? 「パリの地下には18世紀に造られた全長500mにも及ぶカタコンベ(地下墓地)が存在し、700万もの人骨が埋められている」と... ...[外部サイトの続きを読む]
  • カタコンベ(2006) ▲ がいこつごろごろ from どんくらの映画わくわくどきどき (2007年10月19日 4時38分)
    七百万の遺骨が埋まるというパリの地下墓地カタコンベ。若い女性が様々な恐怖と戦いながらひたすら巨大迷路を逃げまくる。ほとんどそれだけだけど結構退屈しなかった。最後近くの行動に共感する。 ・ エッフェル塔がちかち ...[外部サイトの続きを読む]
  • カタコンベ from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年10月16日 0時4分)
    パリに実在する史上最大の地下墓地を舞台にした新感覚のスリラー。情緒不安定なヒロインが地下で開催されたパーティの最中に迷ってしまい、恐ろしい怪物に出会う恐怖を描く。洞窟迷路系ホラーで、よくある展開だが、歴史ある街のカタコンベ(地下墓地)というビジュアルが新.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • カタコンベ from 映画通の部屋 (2007年10月12日 20時41分)
    「カタコンベ」CATACOMBS/製作:2006年、アメリカ 94分 R-15指 ...[外部サイトの続きを読む]
  • デヴィッド・エリオット監督インタビュー:映画『カタコンベ』について from I N T R O (2007年10月12日 20時10分)
    プロデューサーのマーク・バーグ氏に続いて、「カタコンベ」のデヴィッド・エリオット監督のインタビューをお届けする。「カタコンベ」はコミック・アーティストで長年の友達のトム・コーカーとの共同監督になっている。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年10月1日の週の公開作品
  3. 『カタコンベ』