シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ボビーZ
(C) 2007 Equity Medienfonds GmbH & Co. KG IV. All Rights Reserved.
英題:
THE DEATH AND LIFE OF BOBBY Z
製作年:
2007年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2007年11月17日
(ユナイテッド・シネマ豊洲 ほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / ドリーム・アーツ・ピクチャーズ
カラー/スコープサイズ/SDDS/SRD

チェック:負け犬人生を送る元海兵隊員の男が、伝説の麻薬王“ボビーZ”に成り済まして麻薬捜査に協力するサスペンス・アクション。監督は『15ミニッツ』のジョン・ハーツフェルド。主人公の元海兵隊員を『南極物語』のポール・ウォーカーが、彼に捜査協力を依頼する捜査官を『マトリックス』シリーズのローレンス・フィッシュバーンが演じる。一難去ってまた一難の波乱に満ちた展開と、ポール・ウォーカーのアクション・スターぶりに注目だ。

ストーリー:長期服役中の元海兵隊員ティム(ポール・ウォーカー)は、刑務所内でも問題を起こしてばかり。そんな中、彼は麻薬取締局の捜査官(ローレンス・フィッシュバーン)から、ある麻薬捜査への協力を持ち掛けられる。それは、カリフォルニアの伝説と言われる麻薬王“ボビーZ”に成り済ますというものだった。

ボビーZ
(C) 2007 Equity Medienfonds GmbH & Co. KG IV. All Rights Reserved.

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ボビーZ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • イントゥ・ザ・ブルー from 真夜中の遊園地 (2010年12月6日 17時16分)
    鼻毛はいままではハサミで切っていたオイラ。 この歳(いくつだ?)にな… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ボビーZ from みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories (2008年8月29日 14時15分)
    これが今世紀最大の替え玉作戦! この男、リアルかフェイクか。 ボビーZ 2007年 アメリカ 監督 ジョン・ハーツフェルド いきなりヒゲ面、ロン毛の小汚いポールに大笑い 刑務所の中にいても命を狙われる悪党? 似合わないわぁ (  ゜ ▽ ゜ ;) 話が進 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ボビー・Z from 晴れたらいいね~ (2008年4月22日 23時53分)
    「ワイルド・スピード」の新作に、ポール・ウォーカーも、ヴィンさんも、ミッシェル・ロドリゲスもご出演らしい…。原点回帰ですかねぇ。あんまり知られてないらしいこの作品、日本で秋に公開された。ざくっとしたあらすじしかしらなかったんだけど、思ったより「爽やか」だ.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画感想:『ボビーZ (ジー)』 from 日々是好日 (2007年12月1日 15時34分)
    〔ストーリー〕  元海兵隊員のティム・カーニー (ポール・ウォーカー) は服役中に正当防衛とはいえ殺人を犯してしまう。有罪判決を3度受けた身では一生刑務所暮らしは間違いないし、殺した相手がギャングのリーダーだったため報復されるのも確実なこと。八方ふさがりの状況のなか、カーニーはDEA (麻薬取締局) のクルーズ捜査官 (ローレンス・フィッシュバーン) から取引をもちかけられる。取引の内容とは、カーニーそっくりだという麻薬ディーラーのボビーZになりすまし、メキシコの麻薬組織のボス・ワテロに会うというもの。ワ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ボビーZ  ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2007年11月22日 4時23分)
    退屈はしなかったけれど、行き当たりばったりで納得できない行動が多すぎる。たとえば逃げ延びる見込みもないのになぜ子供をつれだすのか? いきなり善人ぶったりして妙に説教臭くて中途半端にでたらめ。 第一似てないじ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年11月12日の週の公開作品
  3. 『ボビーZ』