シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

おそいひと

公式サイト:http://osoihito.jp/
おそいひと
製作年:
2004年
製作国:
日本
日本公開:
2007年12月1日
(ポレポレ東中野)
上映時間:
配給:
シマフィルム
モノクロ

チェック:体の自由だけではなく心の自由までを奪われた、ある身体障害者の凶行を描くバイオレンスドラマ。大阪芸術大学出身の異才・柴田剛がメガホンを取り、『鬼畜大宴会』の熊切和嘉が編集で参加。障害者の支援活動の傍らライブや舞台で幅広く活動する住田雅清が主役を演じ、圧倒的な存在感で観る者の目を惹(ひ)き付ける。頭に焼き付くモノクロームの美しさやノイズミュージックとともに、恐怖や切なさといった複雑な感情が後を引く。

ストーリー:重度の身体障害者である住田(住田雅清)の元に、卒業論文のために介護を経験したいという敦子(とりいまり)が訪れた。もう1人の介護者のタケ(堀田直蔵)のライブや詩の朗読会に連れ立って出かける2人だが、住田にある感情が芽生えはじめる。同じ障害者の福永(福永年久)の忠告もむなしく、住田は感情を抑えることができず……。

おそいひと

スタッフ

監督:
製作: 志摩敏樹
原案: 仲悟志

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『おそいひと』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『おそいひと』 from ミニシアターに行こう。 (2009年11月22日 1時29分)
  • 『おそいひと』の感想 ※ネタバレあり from 少年トッパのブログ (2008年5月26日 8時43分)
    圧倒された。恐ろしく詩的で美しく、なおかつ生々しい。好き嫌いで言えば好きな作品とは言えないが、傑作であることは間違いないだろう。  主人公の住田は重度の身体障害者。言語を喋ることができないのでトーキングエイド(キーボードを押すと音声を発する機器)でコミュニケーションを図り、主に車椅子で移動する(短い距離なら歩くことも可能)。不自由な日常生活を強いられているわけだが、周囲の人々には恵まれている。介護者であり友人でもあるタケは常に親身になって面倒を見ているし、他の介護者もさばけた態度で(つまり必要以上に気遣 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ■おそいひと [映画] from *Hello Nico World (2007年12月13日 1時35分)
    『おそいひと』(2004)日本  監督:柴田 剛 出演:住田雅清 兵庫県西宮市で ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年11月26日の週の公開作品
  3. 『おそいひと』