シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び

バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び
英題:
BALLETS RUSSES
製作年:
2005年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2007年12月15日
(シネマライズ ほか)
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
カラー/モノクロ/ビスタサイズ/ステレオ

チェック:20世紀初頭のパリに始まり、一度は解散した伝説のバレエ団“バレエ・リュス”の再生の歴史を追うドキュメンタリー。20世紀のあらゆる芸術とエンターテインメントに影響を与えたバレエ・リュスの知られざる軌跡を、かつてのダンサーたちへのインタビューなどを交えながらひも解いていく。監督はドキュメンタリー作品でエミー賞に輝いたこともあるダニエル・ゲラーとデイナ・ゴールドファイン。初公開となる貴重なアーカイブ映像の数々も見どころ。

ストーリー:1929年、天才興行師セルジュ・ディアギレフ率いるバレエ団バレエ・リュスが、彼の死とともに解散。しかし、1931年、ロシア人のド・バジル大佐とフランス人でモンテカルロ劇場の監督だったルネ・ブリュムがバレエ・リュスの再建を宣言し、ディアギレフの最後の振付師ジョージ・バランシンを芸術監督に、新しい才能の発掘を始める。

バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び

スタッフ

監督・製作・脚本・編集: /

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓 from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年1月25日 12時31分)
    ロシア・バレエの名門バレエ・リュス。この記録映画は、ディアギレフの死後、2つに分裂したバレエ団が実は米国にバレエの土壌を作ったというあまり知られていない事実を追ったものだ。在籍した団員の名前を知らなくても、その波乱万丈な生き様や政治的ともいえる活動の足跡.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年12月10日の週の公開作品
  3. 『バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び』