シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
フライボーイズ
英題:
FLYBOYS
製作年:
2006年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2007年11月17日
(シアターN渋谷 ほか)
上映時間:
配給:
プレシディオ
カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル/SDDS/DTS

チェック:第一次世界大戦下のフランスを舞台に、中立の立場を貫くアメリカを離れ、志願兵として連合軍に加勢したアメリカ人パイロットたちの活躍を描くアクション大作。監督は『忘れられない人』のトニー・ビル。主人公のパイロットを『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコが、彼らを受け入れるフランス軍司令官を『ダ・ヴィンチ・コード』のジャン・レノが演じる。総製作費70億円をかけたという、圧巻の空中戦闘シーンは必見。

ストーリー:第一次世界大戦下の1916年。農場を差し押さえられ、州外への退去を余儀なくされたローリングス(ジェームズ・フランコ)は、フランスのラファイエット戦闘機隊に参加することに。そこで同じくアメリカからやって来た仲間たちと出会った彼は、司令官のセノール大佐(ジャン・レノ)の下、パイロットとしてのトレーニングを受ける。

フライボーイズ

写真ギャラリー

MGM/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『フライボーイズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • フライボーイズ from Addict allcinema 映画レビュー (2009年7月25日 21時47分)
    俺は飛ぶ。信じるものの為に──。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「フライボーイズ」 from 元・副会長のCinema Days (2008年1月15日 6時43分)
    (原題:Flyboys )最初から終わりまでワクワクしながら観た。第一次世界大戦時、アメリカが中立を守っていた頃にフランス軍に参加したアメリカの若者たちが多数存在したという事実は、この映画を観るまで恥ずかしながら知らなかった。彼ら義勇軍を中心にして結成された戦闘機チームがラファイエット飛行隊で、本作はその活躍を描く。  出てくるのはもちろん最新のジェット機ではなく(あたりまえだ ^^;)、零戦やスピットファイアみたいな高性能単翼プロペラ機でもない。当時やっと“兵器”として戦場に配備された複葉機や三葉機 ...[外部サイトの続きを読む]
  • フライボーイズ from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2007年12月13日 0時8分)
    国や名誉のために戦う意義が見出せた第一次世界大戦を背景にした、大らかな戦争映画だ。志願兵として仏軍に参加した米国の若きパイロットたちが主人公。騎士道にも通じる敵への敬意や、互いの顔が見える距離感は、のんびり感を醸し出すが、実際には兵士の生存率は非常に低か.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • フライボーイズ  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2007年11月20日 4時37分)
    第一次世界大戦で米国参戦前に志願兵としてフランス軍の戦闘機部隊「ラファイエット飛行隊」に参加してドイツ軍と戦った米国青年達の物語。実話に基づく。 青年たちはさまざまな事情をかかえて死地に向かう。 複葉機や三葉機 ...[外部サイトの続きを読む]
  • フライボーイズ FLYBOYS from うまいまずいは塩かげん (2007年11月2日 23時17分)
    1916年、アメリカは戦況が激化する第一次世界大戦に参戦せず中立の立場をとっていた。 そんな中、アメリカ人であるローリングス(ジェームズ・フランコ)は自ら志願して、フランスのラファイエット戦闘機隊に参加。 同じくアメリカからやってきた仲間と出会う。 彼らはみな.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年11月12日の週の公開作品
  3. 『フライボーイズ』