シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ベティ・ペイジ

ベティ・ペイジ
英題:
THE NOTORIOUS BETTIE PAGE
製作年:
2005年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2007年12月15日
(シネマライズ ほか)
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
カラー/モノクロ/アメリカンヴィスタ/SRD/R-15

チェック:今なおファッション、カルチャーに多大な影響を与え続ける伝説のピンナップ・ガール、ベティ・ペイジの数奇な半生を映画化したヒューマンドラマ。性に対し保守的だった1950年代に、ヌードやボンデージファッションなどで世界中の男性をとりこにしながらも、たった7年間で表舞台から消えてしまった彼女の知られざる真実に迫る。監督は『アメリカン・サイコ』のメアリー・ハロン。50年を経た今も世界中を魅了するペイジに成り切った、グレッチェン・モルの好演が光る。

ストーリー:ナッシュビルの厳格な家庭で育ったベティ・ペイジ(グレッチェン・モル)は、女優を目指してニューヨークに向かう。演劇スクールに通う傍ら、授業料稼ぎにモデル業をスタートさせた彼女は、カメラ・クラブに紹介される。露出度の高い大胆な下着姿でも喜々としてポーズをとる彼女は、次第に絶大な人気を集めるようになっていく。

ベティ・ペイジ

スタッフ

監督・脚本:
衣装デザイン: ジョン・ダン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ベティ・ペイジ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【2008-27】ベティ・ペイジ(The Notorious Bettie Page) from ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2008年2月17日 14時28分)
    人気ブログランキングの順位は? Who is Bettie Page? ...[外部サイトの続きを読む]
  • ベティ・ペイジ from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年1月31日 0時8分)
    伝説的なピンナップ・ガールとして短い間活躍し消えていったベティ・ペイジの半生を描く物語だ。扇情的なポーズは猥褻というより健康的で、ボンデージ姿も今見るとおとなしいもの。それでも50年代の道徳観念が彼女を許さなかった。過去のトラウマや宗教観など多くの矛盾を抱.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画情報】ベティ・ペイジ/時代を超えたピンナップ・ガール from CARAMEL*PAPA (2008年1月17日 2時12分)
    天真爛漫な笑顔とグラマラスなボディで世界中を虜にした伝説のピンナップ・ガールの知られざる真実。今なお、ファッション、カルチャーのポ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ベティ・ペイジ」50年代のピンナップガール from soramove (2008年1月12日 10時16分)
    「ベティ・ペイジ」★★★ グレッチェン・モル 、 リリ・テイラー 主演 メアリー・ハロン 監督、アメリカ、91分、2006年 水着や下着姿でポーズを取った 「前髪をたらしたアメリカン・ガール」 今、その写真をみたら でかいパンツを穿いた水着の女性、 顔も... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ベティ・ペイジ  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2007年12月19日 5時54分)
    明るいヌードと屈託の無い笑顔がすてき。 1950年代前半、男性向け写真誌で人気を博したモデル「ベティ・ペイジ」を描く。厳格な家で育ち敬虔なキリスト教信者でありながら不幸な挫折... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年12月10日の週の公開作品
  3. 『ベティ・ペイジ』