シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

暗殺・リトビネンコ事件(ケース)

暗殺・リトビネンコ事件(ケース)
(C) Dreamscanner productions 2007
英題:
REBELLION THE LITVINENKO CASE
製作年:
2007年
製作国:
ロシア
日本公開:
2007年12月22日
(ユーロスペース)
上映時間:
配給:
スローラーナー
カラー

チェック:2006年にロンドンで起きたポロニウム210中毒死事件。その被害者となった元ロシア連邦保安庁中佐リトビネンコを追った、緊張感あふれる政治ドキュメンタリー。ロシアから政治亡命でイギリスへと渡ったリトビネンコへの5年間にも及ぶ取材と、家族や容疑者、同じく暗殺された作家の証言から、チェチェン問題とロシアの実像をあぶり出す。作り物のサスペンス以上に、謎に包まれた現実の怖さに背筋が凍る。

ストーリー:モスクワのアパート爆破事件は、チェチェンによるテロではなくロシア側の工作だったと主張した元FSB(ロシア連邦保安庁)のリトビネンコが、イギリスで放射性物質ポロニウム210によって暗殺される。2001年に政治難民としてイギリスに移住していた彼は、チェチェン戦争の真相や、FSBの実像とプーチンとのつながりを、カメラの前で赤裸々に語っていた。

暗殺・リトビネンコ事件(ケース)
(C) Dreamscanner productions 2007

スタッフ

プロデューサー: オルガ・コンスカヤ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『暗殺・リトビネンコ事件(ケース)』の映画ニュース

  • 暗殺された元スパイの1周忌で、家族が決意を新たに
    放射線物質「ポロニウム210」によって暗殺された、元ロシア連邦保安庁(FSB)中佐、アレクサンドル・リトビネンコ氏を描く映画『暗殺・リトビネンコ事件(ケース)』の日本公...るようキャンペーンを続けていく構え。 『暗殺・リトビネンコ事件(ケース)』は、5年間に渡るリトビネンコ氏へのイン...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「暗殺・リトビネンコ事件」 from 映画レビュー等のmktの日記 (2009年10月19日 10時20分)
    Amazon.co.jp ウィジェット 「暗殺・リトビネンコ事件」 ほんとに、なさけない話なのですが、僕はこの事件をまったく覚えてないか、まったくしらないか・・・でした。 かなり硬派のガチガチのドキュメンタリーですが、監督出過ぎではないでしょうか? この事件の内容.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「暗殺・リトビネンコ事件(REBELLION THE LITVINENKO CASE )」映画感想 from Wilderlandwandar (2007年12月30日 23時53分)
    実在のロシア諜報局の下士官で、ロシア政府や諜報局のあまりの腐敗ぶりに「叛乱(Ri ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年12月17日の週の公開作品
  3. 『暗殺・リトビネンコ事件(ケース)』