シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

雪の女王 <新訳版>

雪の女王 <新訳版>
(C) 2004 Films By Jove Inc. in association with Soyuzymultfilms studio
製作年:
1957年
製作国:
ソ連(ロシア)
日本公開:
2007年12月15日
(シネマアンジェリカ ほか)
上映時間:
配給:
三鷹の森ジブリ美術館
カラー

チェック:アンデルセンの物語で、幾度となく映像化されているこの原作の中でも、とりわけ美しいストーリーと映像の旧ソ連製ファンタジーアニメ。雪の女王に連れ去られた幼なじみの少年を探しに出る少女の、困難と出会いの旅が描かれる。2007年公開版は、新解釈の日本語訳をつけたリニューアルバージョン。さらにオリジナルの声と音楽を再現され、作品の幻想世界を存分に堪能できる。

ストーリー:北の国のとある小さな町。ここに暮らす少年カイと少女のゲルダは、おばあさんから雪の女王についての話を聞いていた。そのとき、カイが雪の女王を怒らせる発言をしたために、カイは目と心にのろいをかけられ、雪の女王に連れ去られてしまう。ゲルダは帰ってこないカイを助けにいくために、冷たく寂しい氷の宮殿を目指し旅に出る。

雪の女王 <新訳版>
(C) 2004 Films By Jove Inc. in association with Soyuzymultfilms studio

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 7/26 雪の女王<新訳版>/鉛の兵隊(’57) from KYOKO〓 (2008年7月28日 21時32分)
    先日新作DVDリリースのレフ・アタマーノフ監督作品。作品誕生50年記念として、昨年日本でオリジナル版初公開、雪の女王に連れ去られた少年を、幼なじみの少女が探しに旅に出る物語のロシアのアニメ。原作アンゼルセン童話との事でも気になっており、先日「人魚姫」モチーフの「崖の上のポニョ」を見た折もあったので。 何度か映像化されたらしいけれど、この原作は未読、アンゼルセン原作作品は、4年程前にアニメフェスティバルで見た渡辺和彦人形アニメ作品、「みにくいあひるの子」「マッチ売りの少女」以来。「・・ポニョ」に続き、やはり ...[外部サイトの続きを読む]
  • 雪の女王 (1957)  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2008年1月14日 4時11分)
    50年も昔のアニメが公開されていたので観にいった(2008/01)。 昔々子供のころに読んだ覚えのあるアンデルセン童話「雪の女王」。細かいストー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 雪の女王<新訳版> from 映画通の部屋 (2008年1月5日 21時3分)
    「雪の女王<新訳版>」 (同時上映「鉛の兵隊」) 製作:1957年、ソ連(ロシア ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年12月10日の週の公開作品
  3. 『雪の女王 <新訳版>』