シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブレードランナー ファイナル・カット

ブレードランナー ファイナル・カット
(C) BLADE RUNNER is a trademark of Blade Runner Partnership.Blade Runner: The Final Cut (C) 2007 The Blade Runner PartnershipTM & (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
英題:
BLADE RUNNER: THE FINAL CUT
製作年:
2007年
製作国:
アメリカ/香港
日本公開:
2007年11月17日
(新宿バルト9 ほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:SF映画の金字塔として誉れ高い、巨匠リドリー・スコットの1982年監督作『ブレードランナー』に、最新技術のデジタル処理を加えた“ファイナル・カット”版。当時、衝撃的な近未来映像と評された本作を、美しい映像でよみがえらせ、最新デジタル上映で公開する。主演は『スター・ウォーズ』旧3部作シリーズのハリソン・フォード。先駆的な映像美のみならず、初公開から25年を経た現在も色あせない哲学的要素の濃いドラマにも驚かされる。

ストーリー:放射能で汚染された2019年のロサンゼルスで、高度な知能と強靭な肉体を持った、人間とほぼ同じ外見をしているアンドロイド“レプリカント”が、人間を殺害して逃亡を図った。そのレプリカントの解体処分が決定され、レプリカント抹殺専門の賞金稼ぎであるデッカード(ハリソン・フォード)が、単独で追跡調査を開始するが……。

ブレードランナー ファイナル・カット
(C) BLADE RUNNER is a trademark of Blade Runner Partnership.Blade Runner: The Final Cut (C) 2007 The Blade Runner PartnershipTM & (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

スタッフ

製作総指揮・脚本: ハンプトン・ファンチャー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ブレードランナー ファイナル・カット』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ブレードランナー from シネマ・イラストレイテッド (2011年6月30日 12時6分)
    「ディレクターズ・カット」でじゅうぶんですよ "20世紀のはじめ、タイレル・コーポレーションは、レプリカントと呼ばれる、ネクサス型アンドロイドの開発に成功した。ネクサス6型のレプリカントは体力と... ...[外部サイトの続きを読む]
  • サウンド・オブ・サイレンス from 真夜中の遊園地 (2011年6月22日 16時26分)
    サウンド・オブ・サイレンスって聞くとなんだ、サイモン&ガーファンクルを思… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ブレードランナー from 夢映画館 (2010年3月28日 12時5分)
    1982年公開のアメリカ映画。フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do androids dream of electric sheeps?)』を原作とし... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ザ・アンドロイド 地球最終戦争 from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2009年6月9日 18時16分)
    ザ・アンドロイドの舞台となるのは、西暦2051年。砂漠化の進行で荒廃した地… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ブレードランナー ファイナル・カット】 from Cinema and more (2009年4月4日 21時52分)
    2007年 アメリカ 〔SF〕 117分 ○監督 : リドリー・スコット ○原作 : フィリップ・K・ディック ○出演 : ハリソン・フォード、ルトガー・ハウアー、ショーン・ヤング、エドワード・ジェームズ・オルモス、M・エメット・ウォルシ ほか ≪あらすじ≫ 放 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2007年11月12日の週の公開作品
  3. 『ブレードランナー ファイナル・カット』