シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

タクシデルミア ある剥製師の遺言

タクシデルミア ある剥製師の遺言
(C) 2006 TAXIDERMIA
英題:
TAXIDERMIA
製作年:
2006年
製作国:
ハンガリー/オーストリア/フランス
日本公開:
2008年3月29日
(シアター・イメージフォーラム ほか)
上映時間:
配給:
エスパース・サロウ
カラー/dts

チェック:ハンガリーの作家ラヨス・パルティ・ナジの短編小説を基に描かれる、ダークファンタジーの要素が盛り込まれた壮大な家族の物語。祖父から父、そして孫の3世代に渡り受け継がれる、ちょっと風変わりな男たちの人生を激動の歴史とともに描く。監督はデビュー作『ハックル』で一躍有名になった新鋭のパールフィ・ジョルジ。不気味さの中にどこか突き抜けた明るさを漂わせる不思議な物語は必見。

ストーリー:ヴェンデル(チャバ・ツェネ)は寂れた前哨地で中尉とその家族にこき使われていた。性的欲求に駆られた彼は中尉の妻と関係し、それがバレて中尉に頭を撃ち抜かれる。その息子カルマン(ゲルゲイ・トローチャーニ)は巨漢に成長し、早食い競技の選手となる。しかし、彼が授かったのは父親に似ず体の小さな息子ラヨス(マルク・ビシュショフ)だった。

タクシデルミア ある剥製師の遺言
(C) 2006 TAXIDERMIA

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • タクシデルミア ある剥製師の遺言 from HANG OUT (2008年11月20日 16時9分)
    『タクシデルミア ある剥製師の遺言』 2006年  ハンガリー/オーストリア/フランス  91分 ●監督・・・パールフィ・ジョルジ ●原作・・・パルティ・ナジ・ラヨシュ ●脚本・・・パールフィ・ジョルジ ルットカイ・ジョーフィア ●出演・・・ツェネ ...[外部サイトの続きを読む]
  • タクシデルミア ある剥製師の遺言 from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年8月14日 19時15分)
    ハリウッドや日本とはまったく違う手触りの作品を作る映画作家に出会うことがある。東欧ハンガリーのパールフィ・ジョルジ監督もそんな鬼才の一人だ。チェコの映像作家シュバンクマイエルを想起させると言えば、想像しやすいだろうか。グロテスクできわどい映像でつづられる.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『タクシデルミア ある剥製師の遺言』の感想 ※ネタバレあり from 少年トッパのブログ (2008年5月16日 15時20分)
    「グロテスクでシュール」「表現が過激」といった前評判は聞いていた。なので覚悟して観たわけだが、いやはや、確かに強烈。ゲロは吐きまくるわ、ポコチンの先から汁が飛ぶわ(なんと炎も放出)、切り刻んだ人体から臓物が出るわ、性器は大写しになるわ(さすがにボカシが入る部分あり)、もうモラルを逸脱し放題。しかし、ただ単に悪趣味さ満載、というわけではない。全編を通じて感じられるのは、むしろ徹底した美意識とストイシズムであるし、メルヘンチックな風情も多分に感じられる。考えてみれば、この映画で描かれた残酷さや非情さは、民話や ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年3月24日の週の公開作品
  3. 『タクシデルミア ある剥製師の遺言』