シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マルタのやさしい刺繍

マルタのやさしい刺繍
英題:
DIE HERBSTZEITLOSEN/LATE BLOOMERS
製作年:
2006年
製作国:
スイス
日本公開:
2008年10月18日
(シネスイッチ銀座)
上映時間:
配給:
アルシネテラン
カラー

チェック:スイスの谷間の小さな村を舞台に、80歳のおばあちゃんたちがランジェリーショップを開くために奮闘する様を描いた人間ドラマ。閉鎖的な村人の冷たい視線を浴びながらも、マルタおばあちゃんと3人の女友だちが老いてもなお生きがいを見つけ出していく。スイス気鋭の女性監督ベティナ・オベルリとスイスを代表する大御所女優たちがコラボレートし、年を重ねることや夢を追うことがそう悪いものではないということを教えてくれる。

ストーリー:夫の死により打ちひしがれたマルタ(シュテファニー・グラーザー)。そんな中、村の男声合唱団の新しい団旗を、仕立て屋だったマルタが作ることに。生地店の美しいレースを見ているうちに、マルタは“パリに自分で仕立てたランジェリーのお店を開くこと”が夢だったことを思い出す。昔の勘を取り戻しながら下着を仕立てあげたマルタだったが、厳格なプロテスタントの村では受け入れてもらえなかった。

マルタのやさしい刺繍

スタッフ

監督・脚本:
プロデューサー: アルフィ・シニンガー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マルタのやさしい刺繍』の映画ニュース

  • 88歳で映画初主演を飾ったシュテファニーは超エネルギッシュ!
    本国スイスで大ヒットを記録したハートウォーミングな映画『マルタのやさしい刺繍』で、88歳にして初主演を務めるベテラン女優、シュテファニー・グラーザーに話を聞いた。...で活躍してきたシュテファニーにとって、『マルタのやさしい刺繍』は初めての主演作となった。「もちろん、...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マルタのやさしい刺繍 <傑作ばああファンタジー> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年1月22日 13時19分)
    また放送されたので、永久保存版に録画して、2回目を視聴。 本当に素敵なファンタジーだった。そしてスイスを満喫。 スイスの風景。窓辺のゼラニウム。細かい刺繍。スイス感たっぷり。 楽しく、時に哀しく。おばあちゃんのファンタジックなストーリー。 大好きな映画になった。 ・マルタのやさしい刺繍@ぴあ映画生活 http://www.cinematoday.jp/movie/T0005783 1回目 良かった。日本に紹介される位のスイス映画だから、やっぱりハズレないな。 おばあちゃんの心暖 ...[外部サイトの続きを読む]
  • マルタのやさしい刺繍 from MneMe fragments (2010年12月9日 13時16分)
     DIE HERBSTZEITLOSEN (2006) 監督: ベティナ・オベルリ音楽: リュク・ツィマーマン出演: シュテファニー・グラーザー、ハイジ・マリア・グレスナー、アンネマリー・デューリンガー、モニカ・グブザー 夫に先立たれ、生きる希望を見つけられないでいるおばあちゃんのマルタ。ふとしたことで若かりし日の夢「自分のランジェリーショップを持つこと」を思い出しそれを実行に移す。スイスの保守的な片田舎、周囲の反対もランジェリー=如何わしいという偏見も吹き飛ばしお友達の協力とそのお友達自 ...[外部サイトの続きを読む]
  • [映画] マルタのやさしい刺繍 from 日々の書付 (2010年9月26日 14時44分)
    スイスの田舎町に住むマルタおばあちゃんは夫を亡くした悲しみから立ち直れずにいる。心配した友人リージがマルタおばあちゃんの夢だったランジェリーショップを開くことをすすめるが、保守的な田舎町では変人扱いされるし、友人や牧師の息子からも反対を受ける。けれど、反対を受けながらも生きる喜びを見つけたマルタはランジェリーショップを開くことを決める。それ見た友人たちもまた新しいチャレンジを始める。 すごくかわいい映画でした。(^^) おばあちゃん映画というより、これはもうガーリー映画です。 マルタおばあちゃんと ...[外部サイトの続きを読む]
  • マルタのやさしい刺繍:おばあちゃんの自己実現はコミュニティを幸福にするか from ビールを飲みながら考えてみた… (2010年9月21日 0時38分)
    作品がスタートした直後の映像を見るとかなり古い作品かと思ったけれど、製作は2006年。その年のスイスの観客動員数No.1にして2007年度アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。オーソドックスなつくりの中に、自分の夢を実現するためには年齢は関係がないというメッセージと、インターネットという現代風のツールが練りこまれた良質な作品。ただ僕がこの作品で感じたことは日本と、資本主義社会の行く末だ。 【予告編】 マルタのやさしい刺繍 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuL ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『マルタのやさしい刺繍』 (2006/スイス) from ★Go!Go! Cinema★私の映画日記 (2010年9月18日 22時7分)
    8月鑑賞映画memo第5弾『マルタのやさしい刺繍』 ●監督:ベティナ・オベルリ ●出演:シュテファニー・グラーザー、ハイジ・マリア・グ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年10月13日の週の公開作品
  3. 『マルタのやさしい刺繍』