シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW

公式サイト:http://www.banka2011.com/
男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW
(C) Formula Entertainment All Rights Reserved.
製作年:
2010年
製作国:
韓国
日本公開:
2011年2月19日
上映時間:
配給:
東映
カラー

チェック:ジョン・ウー監督の傑作『男たちの挽歌』を、韓国映画界でよみがえらせたノワール・アクション。北朝鮮からの脱出を目指しながらも生き別れになった兄弟を中心に、熱い男たちのドラマが展開する。製作総指揮をジョン・ウーが担当し、『力道山』のソン・ヘソンが監督。『宿命』のソン・スンホンら、韓国映画界を代表するスターたちが共演を果たす。オリジナルをベースにした、スタイリッシュなアクションシーンの数々が見もの。

ストーリー:数年前、北朝鮮からの脱出を試みたキム兄弟。脱北に成功した兄ヒョク(チュ・ジンモ)はコリアン・マフィアの世界に入り、同じく北朝鮮出身の元特殊部隊員ヨンチュン(ソン・スンホン)と共に釜山を拠点にする武器密輸組織の大物として暗躍していたが、ヒョクは脱北に失敗した弟チョル(キム・ガンウ)が行方不明になっていることが気になっていて……。

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW
(C) Formula Entertainment All Rights Reserved.

動画

映画『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』ポスター
    ポスター
  • 映画『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』チラシ
    チラシ
  • 映画『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』男たちのクリアファイル
    男たちのクリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

製作総指揮: ジョン・ウー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 ≪ 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年9月13日 18時27分)
    最期に賭けたものは、「明日」。 ジョン・ウー監督が86年に手掛けた傑作香港ノワール「男たちの挽歌」を、ジョン・ウー自ら製作総指揮を務めて韓国版にリメイクしたクライム・アクション。脱北の際に生き別... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW from 映画三昧、活字中毒 (2011年3月7日 21時34分)
    ■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/무적자 2010年/韓国/123分 監督: ソン・ヘソン 出演: チュ・ジンモ/ソン・スンホン/チョ・ハンソン/キム... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW・・・・・評価額1400円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2011年2月21日 22時5分)
    男たちの熱い絆が、四半世紀を経て蘇る。 1986年に公開された香港ノワールの代表作「男たちの挽歌」が、韓国でリメイクされた。 オリジナルの監督であるジョン・ウーがエグゼクティブ・プロデューサーを勤め... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW  (2010) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2011年2月21日 3時48分)
    期待が高すぎたのか、今ひとつピンとこなかった。全体としてそつなくまとまっているけれど、驚きはなかった。ジョン・ウー監督の香港映画「男たちの挽歌(1986)」のリメイク。前作は観ていないが有名な映画とし... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 男たちの挽歌 (2011年韓国) from ダイターンクラッシュ!! (2011年2月21日 0時45分)
    2011年2月20日(日) 18:00~ チネ12 料金:1300円(新橋の金券屋で前売りを購入) パンフレット:800円(買っていない) 『男たちの挽歌』公式サイト 世界で好きな映画の5本に入るジョン・ウー先生の大傑作「男たちの挽歌」の何と韓国リメイク。「ブラザーフッド」や「チング」など湿っぽい男の映画は苦手じゃない国だろうから、それ程不安視はしていなかったのだが、最後の10分を除けば、オリジナルの雰囲気を台無しにすることも無く、まあ概ね良いだろう。 微妙に設定は違う。 兄弟は脱北者。キットの妻や兄 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年2月14日の週の公開作品
  3. 『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』