シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)

公式サイト:http://wakamatsukoji.org/
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)
(C) 『実録・連合赤軍』制作委員会
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2008年3月15日
(テアトル新宿 ほか)
上映時間:
配給:
若松プロダクション、スコーレ株式会社
モノクロ/カラー

チェック:日本赤軍との関係も深い若松孝二監督が、革命を叫ぶ若者のそばから1972年の連合赤軍・あさま山荘事件に迫る人間ドラマ。殺害される運命の遠山美枝子を坂井真紀、中心メンバーである永田洋子を並木愛枝、坂口弘をARATAが熱演。狂信的な連合赤軍メンバーの革命への夢が、悪夢へと至るプロセスが臨場感たっぷりに描かれる。壮絶なリンチシーンは目をそらしたくなるほど衝撃的だが、それ以上に彼らの思いが圧倒的な力強さで表現されている。

ストーリー:ベトナム戦争、パリの5月革命、中国文化大革命など、世界中が大きなうねりの中にいた1960年代。日本でも学生運動が熱を帯び、連合赤軍が結成された。革命戦士を志した坂口弘(ARATA)や永田洋子(並木愛枝)ら若者たちは、山岳ベースを設置し訓練をはじめる。厳しい訓練に追い詰められ、メンバーによる仲間同士の粛正が壮絶を極めていく。

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)
(C) 『実録・連合赤軍』制作委員会

スタッフ

監督・製作:
プロデューサー: 尾崎宗子
脚本: 掛川正幸 / 出口出

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 from ダイターンクラッシュ!! (2012年6月23日 1時29分)
    2012年6月22日(金) 18:30~ キネカ大森2 料金:800円(ラスト1本割引) 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]出版社/メーカー: CCREメディア: DVD キネカ大森 名画座 若松孝二特集。 「キャタピラー」との二本立て。 極左の御大だとばかり思っていた若松孝二。三島由紀夫の前の前の前(キャタピラーの前)の作品である極左を描いた本作は、極左に全く持って好意的でなかった。重信房子以外。 重信房子に対しては、何故か、深い愛情が感じられる。物語への関わりが、ほとんど皆無な ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』 日本人はひ弱になった? from 映画のブログ (2009年10月21日 0時43分)
    私は、鑑賞した映画すべてをブログの記事にしているわけではない。  この『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』についても、すで... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 from prisoner's BLOG (2009年4月8日 6時0分)
    実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]CCREこのアイテムの詳細を見る 作るべき映画を作るべき人が作った。 これまで若松孝二は「シンガポール・スリング」の“戦士”の誕生や、「完全なる飼育・赤い殺意」のパレスチナ国歌が流れるラストになど、ちらちらとかつての盟友・足立正生への目配せを送っていたが、ここでひとつのオトシマエをつけたと思える。 もっとも、アラブゲリラの記録である「赤軍-PFLP・世界戦争宣言」を作ったときも、共同監督で赤軍派に身を投じた足立とは違って、若松は撮影したフィルムをどこに売れば採算 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち) from 映画な☆気持ち (2008年5月6日 11時40分)
    1972年、日本中を騒然とさせた、あさま山荘の立てこもり事件。革命戦士を志した連合赤軍の若者たちが事件を引き起こすまでの過程。決して楽しい映画ではないとはわかっていたので結構悩んだ末の鑑賞。あっという間に感じられた190分。でも観終わった時はさすがにグッタリしま ...[外部サイトの続きを読む]
  • ★★★★★ 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』 from 映画の感想文日記 (2008年5月3日 22時4分)
    2007年。「実録・連合赤軍」製作委員会。   若松孝二監督・製作。ジム・オルーク音楽。  この映画をひと言で言い表すとすれば、今年の日本映画の最高傑作、というより、日本映画が誕生してから現在までの名作の数々の中でも、ひときわとび抜けた傑作である ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年3月10日の週の公開作品
  3. 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』