シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

グーグーだって猫である

公式サイト:http://www.gou-gou.jp/
グーグーだって猫である
(C) 2008『グーグーだって猫である』フィルム・コミッティ
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年9月6日
(シネマライズ ほか)
上映時間:
配給:
アスミック・エース
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:大島弓子の同名の自伝的エッセー漫画を映画化した、ほのぼのとした人間ドラマ。愛猫を亡くした天才漫画家と、彼女を取り巻く人々の何気ない日常を軽快な音楽にのせて描く。自身も大ファンの大島作品に命を吹き込んだのは『黄色い涙』の犬童一心監督。等身大のヒロインを演じるのは『転々』の小泉今日子。共演者も上野樹里や加瀬亮ら豪華キャストが勢ぞろいした。生き生きと輝く彼らの姿に、生きることの楽しさや美しさを再発見させられる。

ストーリー:吉祥寺在住の漫画家、麻子(小泉今日子)が締め切りに追われる中、愛猫のサバが静かに息を引き取る。そのショックで漫画が書けなくなった麻子を、アシスタントのナオミ(上野樹里)たちは心配しながら見守っていた。そんなある日、麻子はペットショップでアメリカンショートヘアの子猫と出会い、グーグーと名付けて一緒に暮らし始める。

グーグーだって猫である
(C) 2008『グーグーだって猫である』フィルム・コミッティ

スタッフ

監督・脚本:
原作: 大島弓子
音楽: 細野晴臣
プロデューサー: 久保田修 / 小川真司
エグゼクティブ・スーパーバイザー: 角川歴彦
撮影: 蔦井孝洋
美術: 磯田典宏
録音: 浦田和治
編集: 洲崎千恵子
助監督: 村上秀晃
衣装デザイン: 宇都宮いく子

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『グーグーだって猫である』の映画ニュース

  • 元AKB48で現在は女優として活躍する大島優子が3日、同じくAKB48のOGで女優の前田敦子との“ベッド写真”をInstagramで公開、「あつゆうー一緒に寝てんのーラブラブラボーやん...公を好演して話題に。現在放送中のドラマ「グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」では宮沢...
  • 女優の二階堂ふみが13日、日本外国特派員協会で行われた映画『ふきげんな過去』の会見に出席、流ちょうな英語であいさつした。 同作は『グーグーだって猫である』などの小泉...
  • 9日、都内にて行われたWOWOWの連続ドラマ「グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」完成披露試写会に、主演を務めた女優の宮沢りえが出席し、特別ゲストとし...った。(取材・文:桂伸也) 「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」は6月11...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『グーグーだって猫である』★しっかり愛する気持ちが喪失感の自分を支えてくれるのかも from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年6月25日 22時34分)
          作品について http://cinema.pia.co.jp/title/21190/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     原作マンガを知りませんでしたが、大島弓子さんの自伝作品とのこと。 大島さんの作品は、以前に、マンガ週刊誌で見て、 きゃしゃな可愛らしさの中に芯があるな~と思っていました。   始めは、ネコちゃんかわ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「グーグーだって猫である」 from 映画の中に猫がいる☆CAT in CINEMA (2011年7月3日 23時22分)
    グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き [DVD](2009/02/06)小泉今日子、上野樹里 他商品詳細を見る ☆ストーリー 売れっ子漫画家の麻子は、愛猫サバの死で漫画が描けなくなってしまうほど落ち込... ...[外部サイトの続きを読む]
  • グーグーだって猫である from MneMe fragments (2011年3月5日 22時0分)
    (2008) 監督: 犬童一心原作: 大島弓子音楽: 細野晴臣出演: 小泉今日子、上野樹里、加瀬亮 んー。あんまり映画っぽくはないですねぇ。 猫映画としてもグーグーがもうちっと活躍するとかしてくれないとどうにも。 吉祥寺の街で展開されるんで「あっ、ここ行った事ある!」とかいうご当地感はまぁ楽しいけど。わたしはやっぱり大島弓子のお話はエッセイよりも物語の方が好きだな。 あ、映画にも登場する全集は持ってたりして。でも「グーグーだって猫である」は買ってないんだよね。なんとなく猫と実際に暮らしている身としては身につ ...[外部サイトの続きを読む]
  • グーグーだって猫である <吉祥寺映画> from ネタバレ映画レビュー <映画感想文みたいなもの> (2011年2月6日 18時50分)
    あー、最初は辛い。悲しい導入部。 でも猫、かわいいー!!。これは良い猫映画かもしれない。期待。 アメショーなのが良い。 曲だれ?→細野晴臣と小泉今日子なの? 上野樹里だ。 あー、途中からあんまり猫映画じゃない。 3分の1は猫映画だった。 どちらかというと吉祥寺映画だな。 なんだろう。んー。んー。猫映画的だけど、すすめられない。 悪くないけど、くせがあるね。どちらかというと好きな方ではある。 でもー、という感じ。 穴吹工務店とか、昔だなぁって感じがしてしまう。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • グーグーだって猫である from 佐藤秀の徒然幻視録 (2011年2月3日 21時36分)
    公式サイト。大島弓子原作、犬童一心監督、小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、林直次郎、森三中、田中哲司、楳図かずお、大後寿々花、伊阪達也、大島美幸、村上知子、黒沢かずこ、高 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年9月1日の週の公開作品
  3. 『グーグーだって猫である』