シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ぼくの大切なともだち
(C) 2006.FIDELITE FILMS-WILD BUNCH-TF1 FILMS PRODUCTIONS-LUCKYRED./WISEPOLICY
英題:
MON MEILLEUR AMI
製作年:
2006年
製作国:
フランス
日本公開:
2008年6月14日
(Bunkamuraル・シネマ ほか)
上映時間:
配給:
ワイズポリシー
カラー/スコープサイズ/ドルビーSR/SRD/DTS

チェック:人生の半ばを過ぎた2人の男が、偶然の出会いをきっかけに、不器用ながらも友情を育んでいくハートウォーミング・ストーリー。監督は『ハーフ・ア・チャンス』など、新作をコンスタントに発表し続ける名匠パトリス・ルコント。主演は『あるいは裏切りという名の犬』のダニエル・オートゥイユと『戦場のアリア』のダニー・ブーン。シンプルだが深みのあるテーマをかかげながら、男同士の友情を繊細(せんさい)につづったストーリーが温かい感動を呼ぶ。

ストーリー:友人と呼べる人間がいないことを指摘された敏腕美術商のフランソワ(ダニエル・オートゥイユ)。ショックを受けた彼は、ビジネスパートナーのカトリーヌ(ジュリー・ガイエ)と“10日以内に親友をつれてくる”という賭けをする。そんな中、フランソワは陽気なタクシー運転手のブリュノ(ダニー・ブーン)と出会うが……。

ぼくの大切なともだち
(C) 2006.FIDELITE FILMS-WILD BUNCH-TF1 FILMS PRODUCTIONS-LUCKYRED./WISEPOLICY

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ぼくの大切なともだち』の映画ニュース

  • 親友がいる…は75パーセント!現代日本人は親友に恵まれている?
    パトリス・ルコント監督の最新作映画『ぼくの大切なともだち』の日本公開を記念して、オフィシャルサイトと試写会来場者300人を対象に、親友に関する意識調査を実施したとこ...品です」とコメントを寄せている。 映画『ぼくの大切なともだち』はBunkamuraル・シネマほかにて全国公開...
  • パトリス・ルコント監督に独占インタビュー!100万人動員ヒット作を語る
    フランスで100万人を動員する大ヒットを記録した映画『ぼくの大切なともだち』のパトリス・ルコント監督に、本作が描く男同士の友情について話を聞いた。「あなたには友だち...劇場に足を運んで確かめてほしい。 映画『ぼくの大切なともだち』は6月14日よりBunkamura ル・シネマほか...
  • 春風亭小朝、友だちのいないふかわに人生のアドバイス!
    22日、TOKYO FMホールにて映画『ぼくの大切なともだち』のトークショーが行われ、ふかわりょうと春風亭小朝が、ふかわになぜ友だちができないのか、そして今後ふかわに友だ...談に行きます」と、信頼し切っていた。 『ぼくの大切なともだち』は、本国フランスと、アメリカで大ヒット...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ぼくの大切なともだち』 from シネマな時間に考察を。 (2010年2月18日 12時34分)
    夜中の3時に電話をかけられる友達は何人いる? 『ぼくの大切なともだち』 Mon meilleur ami/MY BEST FRIEND 2006年/フランス/96min 監督:パトリス・ルコント 出演:ダニエル・オートゥイユ、ダニー・ブーン 【story】 美術商のフランソワは仕事仲間が集う誕生パ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ハーフ・ア・チャンス from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2009年7月10日 17時3分)
    フランス映画は好きかと尋ねられたら「キライ!」と即答してきたヲイラ。 しかしハーフ・ア・チャンスを観… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ぼくの大切なともだち from 晴れたらいいね~ (2009年1月3日 12時0分)
    この映画は、年末に観ました。忙しくって書けなかったんです。ともだちっていうのを色々考えさせられる映画でしたね。親友ってなんだ?ぼくの大切なともだち原題:MON MEILLEUR AMI監督:パトリス・ルコント出演:ダニエル・オートゥイユ , ダニー・ブーン ,&... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ぼくの大切なともだち」 from 元・副会長のCinema Days (2008年10月29日 6時38分)
    (原題:Mon Meilleur Ami)やっぱり、いい大人が“親友を作ろう!”と意気込んでも無駄なのだろう。特に社会人になってからは100%無理だと言える。親友を作れるのは学生時代だけだ。ビジネスの場では友人関係は存在しない(あるのは利害のみ)。たとえ仕事とは関係のない趣味や隣近所との付き合いであっても、皆生活の糧を得るため何らかの利害関係が発生する事業所や団体に属しているか、あるいはそれらと取引する主体にコミットしている以上、損得抜きの腹を割った付き合いなんか出来るはずもない。  しかし、それでも ...[外部サイトの続きを読む]
  • ぼくの大切なともだち from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年9月5日 0時22分)
    ルコント流の友情の定義が堪能できるヒューマン・ドラマ。自己中心的な美術商のフランソワには本当の友人がいない。さして気にもしていなかったそのことで仕事仲間と口論になり、“親友”を作る賭けをすることに。気のいいタクシー運転手ブリュノから人に好かれるコツを伝授.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年6月9日の週の公開作品
  3. 『ぼくの大切なともだち』