シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
春よこい
(C)2008 映画『春よこい』製作委員会
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年6月7日
上映時間:
配給:
東映

チェック:佐賀県唐津の漁師町を舞台に、逃亡犯の父を慕い続ける息子とその母親の姿を通し、家族愛や親子のきずなを描いた人間ドラマ。『オリヲン座からの招待状』の三枝健起が監督を務め、実際の事件を基に人情味あふれる物語を作りあげた。厳しい現実に立ち向かいながら家族への愛情を貫くヒロインを、『SAYURI』の工藤夕貴が熱演。共演には西島秀俊、時任三郎、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの小清水一揮ら多彩なキャストがそろっている。

ストーリー:誤って人を死なせた夫が逃亡してから4年、芳枝(工藤夕貴)は必死に働き一家の暮らしを支えていた。9歳になる息子ツヨシ(小清水一揮)は父の帰りを待ち続け、交番に貼られた指名手配写真を見つめて寂しさを紛らわせていた。その姿を目撃した新聞記者・岡本(西島秀俊)が書いた記事は、小さな町に大きな波紋を投げかける。

春よこい
(C)2008 映画『春よこい』製作委員会

スタッフ

監督:
原作・脚本: 中村努
撮影: 藤澤順一
照明: 長田達也
編集: 松本哲夫
音楽: 三枝成彰
主題歌: 夏川りみ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『春よこい』の映画ニュース

  • 工藤夕貴、母性本能をフル発揮!自慢の“息子”を大絶賛で親バカ?
    7日、丸の内TOEI2で映画『春よこい』の初日舞台あいさつが行われ、主演の工藤夕貴、小清水一揮、そして三枝健起監督が登壇した。 本作で逆境の中、家族を守り続ける母親を熱...」とカメラマンからお願いされていた。 『春よこい』は殺人容疑で指名手配中の夫(時任三郎)...
  • 工藤夕貴、艶やかな赤いロングドレスのテーマはキンメダイ?
    26日、有楽町よみうりホールにて映画『春よこい』の完成披露試写会が行われた。主演の工藤夕貴、時任三郎、小清水一揮、宇崎竜童、高橋ひとみ、犬塚弘、三枝健起監督が登壇...に成長したことに感慨深い様子だった。 『春よこい』は、佐賀県唐津市を舞台に、殺人犯として...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 春よこい from シネマDVD・映画情報館 (2011年3月9日 23時36分)
    春よこい 唐津市呼子町で漁業を営む芳江。夫の修治は、不慮の事故で借金取りを死なせ、4年間、姿を消していた。父親と息子のツヨシを養うため、芳江は必死で働いていた。ある日、交番に貼られた指名手配犯の父親の写真を眺めるツヨシの姿が地元新聞に掲載される。その記事が元で噂が蒸し返され、芳江は仕事を休業に追い込まれてしまう。記事を書いた記者、岡本は責任を感じ、修治を捜し出し、たった1日でも家族の時間を作る事を決意する...... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 春よこい from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年6月20日 0時16分)
    国際派女優工藤夕貴主演の小品は佐賀の漁村が舞台。指名手配のポスターの父の写真を見つめる少年の姿を、ある新聞記者が“感動記事”にしたことから激変する一家の物語だ。田舎町ゆえの人情と偏見が親子を追いつめるが、同時に突破口にもなる。懸命に生きる親子の愛は心温ま.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年6月2日の週の公開作品
  3. 『春よこい』