シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
光州5・18
(C)2007 CJ Entertainment & KiHweck ShiDae.All Rights Reserved.
英題:
MAY 18
製作年:
2007年
製作国:
韓国
日本公開:
2008年5月10日
上映時間:
配給:
角川映画
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD

チェック:1980年5月18日に韓国・光州で起きた“光州事件”を家族思いの青年の姿を通して描くヒューマンドラマ。市民への大弾圧が行なわれた“光州の悲劇”を商業映画として初めて正面から取り上げ、10日間に及ぶ悪夢の惨劇の中に起こった、さまざまな人間愛を映し出す。弟思いの純朴な兄に『殺人の追憶』のキム・サンギョン、軍の犠牲になる弟に『王の男』のイ・ジュンギ。多数の死者を出した韓国近代史の闇が物語る、愛と命のドラマに言葉もない。

ストーリー:純朴で心優しいタクシー運転手のミヌ(キム・サンギョン)は、高校生の弟ジヌ(イ・ジュンギ)のために家事の一切を担って、弟を名門のソウル大学に合格させるために尽力していた。ある日、ミヌは思いを寄せる看護師のシネ(イ・ヨウォン)、そしてジヌと映画館でコメディー映画を楽しんでいると、映画館の外では悪夢の事件が起きていた。

光州5・18
(C)2007 CJ Entertainment & KiHweck ShiDae.All Rights Reserved.

スタッフ

製作総指揮: ミキ・リー
プロデューサー: イ・スナム / パク・チャンヒョン
脚色: ナ・ヒョン
イメージソング: 工藤慎太郎

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『光州5・18』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 王の男 from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2009年8月28日 14時22分)
    王の男の舞台は彼の国がまだ2つに分断される前、ざっと今から400年前のお… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「光州5・18」 from prisoner's BLOG (2009年8月6日 6時6分)
    光州5・18 スタンダード・エディション [DVD]角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 市民といいながら、軍に行ったことのある者と言われて、大勢名乗り出る。ああ、なるほど韓国は徴兵制があるのだなと思わせる。 棍棒でボコボコに殴り倒すだけでもひどいが、自動小銃での一斉射撃というのには、これが1980年の出来事というのに驚く。 アン・ソンギ扮する予備役軍人がやたら格好よく、「軍隊」の本来のあり方を模索している感じがする。これも日本ではなかなかありえない。 ヒロインのイ・ヨウォンが清楚で魅力的。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 光州5・18◆軍の弾圧に散った市民への鎮魂歌 from 好きな映画だけ見ていたい (2008年6月29日 1時29分)
    「光州 5・18」 (2007年・韓国) 前回「ユゴ 大統領有故」を取り上げた流れで、やはり見逃すわけにはいかないのが光州事件を描いた本作。79年にパク・チョンヒ(朴正煕)大統領が暗殺された翌年の5月、韓国南西部に位置する全羅道(チョルラド)の中心都市・光州(グワンジュ)で、民主化を叫ぶ学生・市民らを戒厳軍が武力で弾圧し、多数の死傷者を出す事件が発生する。日本をはじめ海外メディアはこの流血の事態をトップ報道したが、韓国国内では軍事政権下の言論統制によって、事件は長らく「暴徒化した市民による ...[外部サイトの続きを読む]
  • 封印が解かれた光州事件の映画 『光州5・18』 from 千恵子@行政書士 (2008年6月13日 22時2分)
    封印が解かれた光州事件の映画 『光州5・18』韓国は一番近い「国」。すぐ隣りなのに報道も少なく知らされざる地。その半島最南端、全羅南道の道庁所在地で1980年に起きた光州事件は、日本では話題にもなっていない。韓国でも軍事政権の情報操作で、長らく封印されていた事件。 映画『光州5・18』を作ったキム・ジフン監督は、事件当時は9歳。戒厳令下の報道は民衆を「暴徒」扱いしていた。真実を知らされなかったとはいえ、知らなかった自分を恥じた監督は、資料を調べ、当時の関係者からの丹念な聞き取りで完成させた作品だ。冒頭、日 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 光州5.18をみてきました from Yuiの特撮な日々 (2008年6月12日 0時16分)
    最後まで救いのない話でした。 実際にあった事件を元にしているのだから、仕方のないことなのですが、本当に救いのない話でした。 殺された人だけでなく、残された人にも光が見えないお話でした。 上からの命令は絶対である軍隊で、上に立つ者が道を踏み外すことのによって起.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年5月5日の週の公開作品
  3. 『光州5・18』