シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
きみの友だち
(C) 2008 映画「きみの友だち」製作委員会
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年7月26日
(新宿武蔵野館 ほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
カラー/ドルビーSR/1:1.85

チェック:直木賞作家・重松清の同名小説を、『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督が映画化した感動作。周囲から浮きがちな2人の少女が、かけがえのない友情を育んでいく物語を軸に、2人を取り巻く若者たちの姿をみずみずしく描き出す。主演はホリプロスカウトキャラバングランプリの石橋杏奈と、『誰も知らない』の北浦愛。共演には『転々』の吉高由里子、『ワルボロ』の福士誠治ら期待の若手俳優のほか、柄本明、田口トモロヲといった実力派が顔をそろえる。

ストーリー:とあるフリースクールを訪れた記者の中原(福士誠治)は、子どもたちに絵を教えている恵美(石橋杏奈)の友だちについての話を聞く。恵美と病弱で学校を休みがちな由香(北浦愛)は10歳のころから親友同士で、中学になってもいつも一緒だった。2人を取り巻く者たちもそれぞれに不安や迷いを抱える中、由香の体調が悪化していく。

きみの友だち
(C) 2008 映画「きみの友だち」製作委員会

スタッフ

監督:
プロデューサー: 青木竹彦 / 原公男
原作: 重松清
脚本: 斉藤ひろし
撮影: 芦澤明子
照明: 豊見山明長
美術: 山下修侍
主題歌: 一青窈

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『きみの友だち』の映画ニュース

  • 吉高由里子、天然キャラすぎる!23歳・結婚子づくり宣言?
    26日、新宿武蔵野館で映画『きみの友だち』の初日舞台あいさつが行われ、主演の石橋杏奈、北浦愛、吉高由里子、そして廣木隆一監督が登壇した。 最近、数々の映画に出演し映...して、吉高への対処法を心得たようだ。 『きみの友だち』は重松清の同名ベストセラーの映画化。小...
  • イケメン福士誠治に直撃!25歳になって「ちょっと大人になった気がする」
    重松清の同名ベストセラーを映画化した映画『きみの友だち』に出演している福士誠治に話を聞いた。今回、福士はかつて親友を病気で亡くした恵美(石橋杏奈)と真摯(しんし...進んでいってくれることを期待したい。 『きみの友だち』はかつて病気で親友を失った20歳の恵美(...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • きみの友だち from 映画はレンタル前に無料動画で! (2010年11月6日 0時15分)
    映画【きみの友だち】 をネットの無料動画で視聴! 映画『きみの友だち』は、直木賞作家・重松清の同名小説を、廣木隆一監督が映画化した感動作。 周囲から浮きがちな2人の少女が、かけがえのない友情を育んでいく物語を軸に、2人を取り巻く若者たちの姿を ...[外部サイトの続きを読む]
  • きみの友だち from ニコニコ動画の無料映画ナビ (2010年2月20日 9時23分)
    映画【きみの友だち】 の無料視聴動画や、あらすじ、キャストを紹介。 きみの友だち の解説 映画『きみの友だち』は、直木賞作家・重松清の同名小説を、廣木隆一監督が映画化した... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【2008-221】きみの友だち from ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2008年10月5日 23時27分)
    人気ブログランキングの順位は? たとえいなくなったとしても、一生忘れない友だちが、一人、いればいい 友達って── うっとうしくて、面倒くさくて、ややこしくて── だから、大切な人 どんなに離れていても、 時間が過ぎても── 残りつづける、 思.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シナリオライター、斉藤ひろし先生による特別講義。 from 日活芸術学院 ~スタッフBLOG~ (2008年9月26日 9時7分)
    天高く、馬肥ゆる秋。季節はすっかり秋めいてますね。日活芸術学院の前の桜並木は、落ち葉が目立つようになってきました。  さて、今日は先日行われた特別講義の模様をお届けしようと思います。特別講師においでいただいたのは、シナリオライターの斉藤ひろしさんです。 .... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「きみの友だち」 from 元・副会長のCinema Days (2008年8月28日 6時37分)
    困ったことに、メインのストーリーよりも脇のエピソードの方が面白い。現在フリースクールで絵を教えている20歳のヒロインが、取材に来た若いフリーライターと知り合うくだりの間に彼女の過去が描かれるという構成。足の悪い彼女と難病を抱えたかつての友人との交流が中心になるが、これがまったく面白くない。とにかく“語るに落ちる”ような話でしかないのだ。  今まで山のように作られてきた難病映画のルーティンを、カメラの長回しと引きのショットを多用して、ちょっとクールに撮ってみましたというレベルである。若くして世を去った友 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年7月21日の週の公開作品
  3. 『きみの友だち』