シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー

公式サイト:http://kittoshiawase.jp/
スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー
(C)2003 Studio 24 Distribution
英題:
A SWEDISH LOVE STORY
製作年:
1969年
製作国:
スウェーデン
日本公開:
2008年4月26日
(恵比寿ガーデンシネマ ほか)
配給:
スタイルジャム / ビターズ・エンド
35mm/ヨーロッパヴィスタ/ドルビーデジタル/カラー

チェック:前作『散歩する惑星』から7年ぶりの最新作『愛おしき隣人』が公開される、スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソンの長編初監督作。多感な少年と少女の初恋をみずみずしく描き、世界中で絶賛された純愛物語が約40年ぶりに完全版としてよみがえる。主演2人には、監督が数千人の候補の中から選び出した新人アン=ソフィ・シーリンとロルフ・ソールマン。さらに『ベニスに死す』の美少年ビョルン・アンドレセンが、本作でスクリーンデビューを飾っているのにも注目。

ストーリー:祖父が暮らす療養所を訪ねた15歳のペール(ロルフ・ソールマン)は、そこで見かけた美しい少女アニカ(アン=ソフィ・シーリン)に心を奪われる。ある日2人は再会するが、互いに意識しながらも話しかけることができない。友人の紹介でやっと会話を交わした2人は急速に接近し、デートを重ねるうちに愛情が芽生えていく。

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー
(C)2003 Studio 24 Distribution

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー from シネマDVD・映画情報館 (2011年2月26日 12時9分)
    スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー あの頃のほろ苦い想いをもう一度…。幼い二人の恋のめざめを瑞々しく描いた初恋物語!暖かい春の陽がふりそそぐストックホルム郊外の療養所。15歳の少年ペールは、美しい瞳とあどけない仕草の少女に目を奪われる―。数千人の候補から選ばれた初々しい二人の...... ...[外部サイトの続きを読む]
  • スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー from h (2008年7月2日 0時39分)
    平成20年、劇場で見た31本目の作品は 「スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー」。 先回鑑賞した「愛おしき隣人」の監督のデビュー作とのこと。 最初はかなり印象が違うと感じた。 「愛おしき隣人」は屋内のシーンが多く、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年5月8日 0時17分)
    ロイ・アンダーソン監督のデビュー作は1969年製作で北欧版「小さな恋のメロディ」と呼ばれているが、実際はかなりビターなドラマだ。初公開時の邦題は「純愛日記」。15歳のペールと14歳のアニカの初恋は瑞々しいが、並行して描かれる周囲の病んだ大人たちの描写が痛々しい。.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年4月21日の週の公開作品
  3. 『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』