シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

タカダワタル的ゼロ

公式サイト:http://www.takadawataru.com/
タカダワタル的ゼロ
(C) 2008 ALTAMIRA MUSIC & PICTURES
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年5月10日
(テアトル新宿 ほか)
上映時間:
配給:
アルタミラピクチャーズ
カラー/DTSステレオ

チェック:2005年に56歳で急逝した伝説のフォークシンガー、高田渡のドキュメンタリー。前作『タカダワタル的』の原点ともなった2001年の年越しライブを中心に、その素朴だが絶妙なトークがさく裂する場面や、演奏シーンを余すところなく見せる。これが惜しくも最後となったフォークソング界の重鎮、高田渡と泉谷しげる共演のパワフルなライブパフォーマンスは必見。まるで仙人のような風ぼうからは想像もできない毒のあるプロテストソングを歌う姿も感動的!

ストーリー:2001年の大みそか、東京の下北沢で柄本明らの所属する劇団東京乾電池主催の高田渡コンサートが行われる。いつものようにひょうひょうとした姿でステージに現れた高田は、おなじみの代表曲「仕事さがし」からスタートし、そのトボけたトークで会場を大いにわかせる。やがてステージには泉谷しげるが登場し、過激なライブで高田と好対照なパフォーマンスを見せる。

タカダワタル的ゼロ
(C) 2008 ALTAMIRA MUSIC & PICTURES

スタッフ

監督・撮影:
製作: 桝井省志
プロデューサー: 土本貴生
撮影: 長田勇市
整音: 郡弘道
音楽監督: 佐久間順平
編集: 森下博昭
写真: 鈴木愛子

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「タカダワタル的ゼロ」 from prisoner's BLOG (2008年3月26日 9時50分)
    「吉祥寺発赤い電車」というのは高田渡23歳の時の記録映画の題名だそうだが、発見されたその断片が冒頭ちらっと見られる。また、本物の吉祥寺近辺を走る赤い電車こと中央線の実写映像があちこちに登場するのが一種のシャレになっている。 素材自体は前作とそれほど違うわけではないのだが、高田渡行き付けの焼き鳥屋“いせや”が家屋の老朽化に伴って閉店するところが入っているのが物悲しくて、映像には残っている当人の喪失感を代わりに表現しているよう。 羽化登仙というのか、飲みながらひょいとあの世に行ってしまった仙人みたい。ライブで ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年5月5日の週の公開作品
  3. 『タカダワタル的ゼロ』