シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
R246 STORY
(C) 2008「R246 STORY」フィルムパートナーズ
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年8月23日
(渋谷Q-AXシネマ ほか)
配給:
ゴー・シネマ

チェック:青山、渋谷といった若者文化の発信地を通る国道246号線をテーマに、さまざまな分野で活躍する6人が監督を務めた短編オムニバス。監督陣には浅野忠信、中村獅童、須藤元気、m-floのVERBAL、RIP SLYMEのILMARI、ユースケ・サンタマリアがそろい、彼らのもとに加瀬亮、永瀬正敏、永作博美ら豪華キャストが集結。SFファンタジーや時代劇、ドキュメンタリーなど、6人の監督それぞれの感性が光る多彩なストーリーを楽しめる。

ストーリー:R246を徘徊(はいかい)する老人・虎吉(加瀬亮)と少女シドミ(大森絢音)の前に、ロックンロール星からやってきた宇宙人246(浅野忠信)が現れる。体の一部であるドラムキットをなくしてしまった246は衰弱し切っており、虎吉とシドミは246を故郷に帰還させるために、ドラムキットを探しに出かけるのだが……(『224466』より)。

R246 STORY
(C) 2008「R246 STORY」フィルムパートナーズ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『R246 STORY』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • R246 STORY from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年9月3日 0時19分)
    6人の監督が国道246号線をテーマに作った異色の短編集。時代劇、SF、ドキュメンタリー、青春ものとバラエティに富んでいる。何より監督を務める6人の人脈を示すような豪華キャストがスゴい。若者文化の発信地がテーマだけに生きの良さは魅力的だが、物語としてはまと.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年8月18日の週の公開作品
  3. 『R246 STORY』