シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
闇の子供たち
(C) 2008「闇の子供たち」製作委員会
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年8月2日
(シネマライズ ほか)
上映時間:
配給:
ゴー・シネマ
カラー/アメリカンビスタ/ドルビーSRD

チェック:梁石日原作の小説を『亡国のイージス』などの阪本順治監督が映画化した衝撃作。タイで横行する幼児売春や人身売買という、目を背けたくなるような現実に鋭く切り込む。記者としてジレンマを抱える主人公に『戦国自衛隊1549』の江口洋介。彼とは正反対の立場で子どもたちを救おうとする女性を宮崎あおいが熱演する。日本から決して遠くはない国で繰り広げられるむご過ぎる物語が心にずしりと響く。

ストーリー:日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じころ、恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてバンコクの社会福祉センターに到着する。彼女は所長から、最近顔を見せなくなったスラム街出身の少女の話を聞くが、実は彼女は父親に児童性愛者相手の売春宿に売り飛ばされており……。

闇の子供たち
(C) 2008「闇の子供たち」製作委員会

スタッフ

監督・脚本:
原作: 梁石日
企画: 中沢敏明
エグゼクティブプロデューサー: 遠谷信幸
プロデューサー: 椎井友紀子
音楽: 岩代太郎
撮影: 笠松則通
照明: 杉本崇
録音: 志満順一
美術: 原田満生
編集: 蛭田智子
助監督: 小野寺昭洋

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『闇の子供たち』の映画ニュース

  • 大分県別府市にある老舗映画館、別府ブルーバード劇場で「Beppu凱旋映画祭」が今月18日から3日間にわたって開催される。本映画祭は「海外映画祭からの凱旋」をテーマに、海...I』(1997)(35ミリ上映)、阪本順治監督『闇の子供たち』(2008)など海外で評価の高い巨匠たちの名...
  • 俳優の江口洋介がテレビアニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズなどの神山健治監督の新作アニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(来年3月18日公開)で声優...」「白い巨塔」などの大ヒットドラマや、『闇の子供たち』『るろうに剣心』『天空の蜂』などの映画...
  • オダギリジョー主演で、チェ・ゲバラの部隊に所属した日系人フレディ・前村を描く日本・キューバ合作映画『エルネスト』の製作が決定し、フレディとチェの没後50年という節...…。 本作のメガホンを取るのは、『KT』『闇の子供たち』『団地』などの阪本順治監督。「ボリビア...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 闇の子供たち【映画】 from ニコニコ動画の無料映画ナビ (2009年8月24日 8時49分)
    映画【闇の子供たち】 の無料視聴動画や、あらすじ、キャストを紹介。   闇の子供たち の解説 『闇の子供たち』(やみのこどもたち)は梁石日の小説。これを原作とする日本映画... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「闇の子供たち」 from のほほん映画鑑賞 (2009年7月19日 18時58分)
    貧困、命と性の需要と供給、幼児性愛・・・それぞれの出口のない闇。 人は欲望のまま、底のない闇に落ちる。 (ネタバレあり) 日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部(江口洋介)は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。 知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、提供者の幼児は、生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知る。 取材を続ける南部は、ボランティアの少女、恵子(宮崎あおい)と知り合う。 純粋すぎてすぐ感情的になる恵子に苛立つ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『闇の子供たち』:臓器移植が命を奪う。 from タノシイトキモ、カナシイトキモ。 (2009年4月18日 21時31分)
    これは、「闇」に隠された真実の物語。 『闇の子供たち』 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 闇の子供たち from 晴れたらいいね~ (2009年2月25日 1時23分)
    邦画には、珍しいと感じる映画でした。タイ語で前半はほとんど会話が行われるため、邦画の雰囲気ではなかったからなのかもしれませんが…。ずんっとくるものを感じました。観る価値ありの邦画です。タイの問題だけではないと思う。闇の子供たち監督:阪本順治出演:江口洋.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 闇の子供たち  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2008年12月10日 3時47分)
    アジアの国における日本人を含む外国人による幼児虐待や児童の臓器移植の問題をテーマにした映画で、内容的にはかなり重い。未解決のまま終... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年7月28日の週の公開作品
  3. 『闇の子供たち』