シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

劇場版 天元突破 グレンラガン 紅蓮篇

劇場版 天元突破 グレンラガン 紅蓮篇
(C) GAINAX・中島かずき / 劇場版グレンラガン製作委員会
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年9月6日
(池袋シネマサンシャイン ほか)
配給:
角川書店 / クロックワークス
カラー

チェック:はるか遠い未来の地球を舞台に地中深く暮らす少年ニ人が、地上を目指して冒険するロボット・アニメーション「天元突破 グレンラガン」の劇場版。監督の今石洋之を筆頭に、脚本の中島かずき、アニメーション制作のGAINAX、主題歌の中川翔子がテレビシリーズから続投し、主人公の成長劇と、生命と宇宙の進化がテーマの壮大なスケールのドラマを紡ぐ。立ちはだかる圧倒的な力に屈せず、既存の常識を打ち破る主人公たちの姿に感銘する。

ストーリー:遠い未来、人類は地中深くに生存圏を見いだして何百年も息を潜めるように暮らしてきたが、ある日、村の天井が崩れ、巨大なメカ・ガンメンと少女のヨーコが太陽の光とともに姿を現わす。ジーハ村のシモンと地上の存在を夢見ていたカミナはヨーコを仲間に加え、地上へと飛び出していく。

劇場版 天元突破 グレンラガン 紅蓮篇
(C) GAINAX・中島かずき / 劇場版グレンラガン製作委員会

スタッフ

監督:
原作・アニメーション制作: GAINAX
原作: 中島かずき
キャラクターデザイン: 錦織敦史
メカニックデザイン: 吉成曜

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 劇場版 『天元突破グレンラガン 紅蓮篇』 感想 from 年輪日記 ~無意味なこだわりやら、趣味のことやら、徒然なるままに~ (2008年9月20日 23時52分)
    「墓穴掘ったら掘りぬけて、突き抜けたなら俺の勝ち!! 俺を誰だと思ってやがる!!」 という決め台詞が大好きなんです。 『スクライド』に並び、漢なら(女でも)見ておくべきアニメ作品のひとつ、『天元突破グレンラガン』がようやく劇場公開となりました。 エヴァと同.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「劇場版 天元突破 グレンラガン 【紅蓮篇】」映画感想 from Wilderlandwandar (2008年9月8日 7時37分)
    たまになんでこんな映画見たのか自分でも判らない時がありますが、これもその一つ、チッタのポイント貯まってて、時間の繋がりが ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年9月1日の週の公開作品
  3. 『劇場版 天元突破 グレンラガン 紅蓮篇』