シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
憐 Ren
(C) 2008. 水口敬文/角川書店/「憐」製作委員会(メモリーテック株式会社 株式会社ポニーキャニオン 株式会社べドラム)
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年7月26日
配給:
ベドラム
カラー

チェック:スニーカー大賞奨励賞を受賞した水口敬文のライトノベルを『妄想少女オタク系』の堀禎一が映画化した青春SFストーリー。未来からやって来た少女・朝槻憐と、彼女とかかわるようになる平凡な少年・鳴瀬玲人の運命のドラマが展開する。ヒロインの憐を演じるのは、モデル出身の岡本玲。『カフェ代官山 ~Sweet Boys~』などの馬場徹が玲人を演じる。フレッシュなキャストと、ピュアな青春ストーリーの行方に注目だ。

ストーリー:ある日突然、クラスメイトとして現れた見知らぬ少女・朝槻憐(岡本玲)に興味を抱く鳴瀬玲人(馬場徹)。会話を重ねるうちに、玲人は憐が“時流しの刑”で未来から時空を超えて送られてきた囚人だと知る。憐のことをより深く知ろうとする玲人だったが、そんな彼らの前に転校生の修司(中山麻聖)が現れる。

憐 Ren
(C) 2008. 水口敬文/角川書店/「憐」製作委員会(メモリーテック株式会社 株式会社ポニーキャニオン 株式会社べドラム)

スタッフ

監督:
プロデューサー: 井戸剛 / 岩瀬貞行 / 若杉類
原作: 水口敬文
脚本: 尾上史高
編集: 目見田健
音楽: 虹釜太郎
撮影: 橋本彩子

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『憐 Ren』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 憐 Ren  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2008年8月23日 3時21分)
    タイムトラベラーもの。囚人として強制的に過去に閉じ込められ、だれにも気づかれない孤独に耐えている少女。17歳に固定された彼女は、来... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年7月21日の週の公開作品
  3. 『憐 Ren』