シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
コレラの時代の愛
(C) Copyright 2007 Cholera Love Productions,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
LOVE IN THE TIME OF CHOLERA
製作年:
2007年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2008年8月9日
(シャンテ シネ ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ・コミュニケーションズ
カラー/スコープサイズ/ドルビーSR/ドルビーデジタル/SDDS/PG-12

チェック:ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの名作を、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のマイク・ニューウェルが映画化。内戦とコレラのまん延に揺れる19世紀末から20世紀前半のコロンビアを舞台に、半世紀にわたって一人の女性への思いを貫いた男の純愛を描く。主演は『ノーカントリー』のオスカー俳優ハビエル・バルデム。多くの女性からの求愛に体で応えながら、心の貞節を守り続けた男の憎めない生きざまを感じ取りたい。

ストーリー:1897年、コロンビア。郵便局員のフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は配達先の令嬢フェルミナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)と恋に落ちる。しかし、身分の違いから引き離され、フェルミナは医師のフベニル(ベンジャミン・ブラット)と結婚。フロレンティーノは何年でも彼女を待ち続けると心に誓う。

コレラの時代の愛
(C) Copyright 2007 Cholera Love Productions,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

写真ギャラリー

New Line/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『コレラの時代の愛』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『コレラの時代の愛』(1)★純愛とは? from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年3月11日 16時37分)
    映画レビューしました。 (ネタばれでもないと思いますが……) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id330554/rid39/p0/s0/c0/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/23066/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 以下は、ネタばれするかもしれないので…。 解説では、初恋の想いを50年間、貫いた、男の純愛物語、というようなことが 書い... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「コレラの時代の愛」 from prisoner's BLOG (2009年12月5日 7時21分)
    リアルであるとともにリアリズムを離れなくてはいけないのがガルシア=マルケスの世界で、どうも平板なリアリズムと時代考証が勝って、いっこうに離陸しないのが困ります。 「コレラの時代」の近代以前のニュアンスや熱にうかされた感じもあまり出ていないし。 (☆☆☆) 本ホームページ コレラの時代の愛@映画生活 コレラの時代の愛 [DVD]ギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る ...[外部サイトの続きを読む]
  • コレラの時代の愛 from 晴れたらいいね~ (2009年8月2日 1時57分)
    思わずひきそうになる純愛?怖いもの観たさで、観ちゃった。彼女が結婚したら、そのダンナが死ぬのを待つって、かなり歪んでます。恋って、すごいね。(と、恋を知らぬオトメのような事言っていいのか?)コレラの時代の愛原題:Love in the Time of Cholera監督:マイク・ニ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • コレラの時代の愛 from 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン (2008年8月14日 21時52分)
    公式サイト。ガルシア=マルケス原作、マイク・ニューウェル監督、ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラット、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ヘクター・エリゾンド。食わせ者フロレンティーノ(ハビエル・バルデム)に騙されると酷い目.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年8月4日の週の公開作品
  3. 『コレラの時代の愛』