シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
赤んぼ少女
(C) 2008 楳図かずお・小学館 / 「赤んぼ少女」フィルムパートナーズ
製作年:
2007年
製作国:
日本
日本公開:
2008年8月2日
(シアターN渋谷 ほか)
上映時間:
配給:
日活
カラー/シネマスコープサイズ/DTSステレオ/R-15

チェック:楳図かずお原作の同名の漫画を『ユメ十夜』の山口雄大監督が映画化した戦慄(せんりつ)のホラー。孤児院から実家に引き取られた15歳の少女を次々と襲う謎の赤ちゃんとの死闘を、驚きの映像で活写する。本作が映画初主演となる水沢奈子が薄幸のヒロインを体当たりで熱演。その脇を9年ぶりの映画出演となる野口五郎や、浅野温子らベテラン勢が支える。最初は気配だけだったとある存在が日ごとにパワーアップし、執拗(しつよう)にヒロインを攻撃する姿に凍りつく。

ストーリー:どしゃ降りの雨の中、葉子(水沢奈子)は孤児院の職員吉村(堀部圭亮)に連れられて、15年前戦争で生き別れになった両親の暮らす南条家を訪れる。ようやく屋敷にたどり着いたものの、応対に出た使用人(生田悦子)から、主人(野口五郎)は仕事中で会えないと言われてしまう。どうにか彼女を説得して、2人は翌朝までの滞在を許されるのだが……。

赤んぼ少女
(C) 2008 楳図かずお・小学館 / 「赤んぼ少女」フィルムパートナーズ

スタッフ

監督:
原作: 楳図かずお
製作総指揮: 大月俊倫
プロデューサー: 鳥澤晋
アソシエイトプロデューサー: 森山敦
撮影: 岡雅一
照明: 松隈信一
VFXスーパーバイザー: 鹿角剛司
音楽: 原田智英 / 中川孝
サウンドデザイン: 久保田敏之
特殊美術監督: 西村喜廣
編集: 今井剛
美術: 福田宣
衣装: 宮本まさ江

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『赤んぼ少女』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 赤んぼ少女(R15) from 本当に怖いホラー映画(DVD) (2010年10月11日 18時10分)
    ★あらすじ★どしゃ降りの雨の中、葉子(水沢奈子)は孤児院の職員吉村(堀部圭亮)に連れられて、15年前戦争で生き別れになった両親の暮らす南条家を訪れる。ようやく屋敷にたどり着... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 赤んぼ少女 from 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン (2008年8月14日 12時14分)
    公式サイト。楳図かずお原作、山口雄大監督、水沢奈子、野口五郎、浅野温子、斎藤工、堀部圭亮、生田悦子。残酷さ、えげつなさそのものよりも、人間の恐ろしさが際立つ本格派の純粋ジャパニーズ・ホラー。納涼には最適だ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 赤んぼ少女 TAMAMI:THE BABY's CURSE from 我想一個人映画美的女人blog (2008年8月7日 23時58分)
    日本一こわーい赤んぼ、タマミ参上~ ここ数年、楳図かずお原作マンガの映画化続々 昔からの楳図ファンなので、毎回がっかりさせられつつも観ちゃう。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 赤んぼ少女 from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年8月5日 0時26分)
    ハチャメチャのギャグが得意の山口雄大監督にしては、まっとうなホラー映画。昭和30年代、孤児院で育った美少女葉子が、引き取られた生家で、謎の赤ちゃんタマミに襲われる。不気味な洋館、狂った母親、恐ろしい乳母とムードは満点。タマミの行動は計画的なようでムチャクチ.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【予告編批評】悲鳴!悲鳴!悲鳴!『赤んぼ少女』の予告編 from Do You Like Movie Trailers? (2008年7月23日 21時28分)
    映画批評ではありません。“予告編”批評です。 映画は見たいが、金はない――そんなときにはネットで予告編でもいかがでしょうか。 われわ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年7月28日の週の公開作品
  3. 『赤んぼ少女』