シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

GSワンダーランド

公式サイト:http://www.gs-w.jp
GSワンダーランド
(C) 2008「GSW」製作委員会
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2008年11月15日
(渋谷GAGA! ほか)
上映時間:
配給:
デスペラード
カラー/スコープサイズ/ドルビーSRD

チェック:GS(グループ・サウンズ)ブーム全盛の1960年代後半を舞台に、音楽に情熱を傾ける若者4人の姿を描く青春コメディー。監督は『脱皮ワイフ』の本田隆一。フリフリの王子様スタイルで人気を博す主人公らで結成されたグループ、ザ・タイツメンを、本作で初の男装に挑戦した栗山千明をはじめ、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介といった実力派の4人が演じる。ザ・タイツメンが歌う「海岸線のホテル」をはじめ、劇中に登場するGS曲の数々と、サイケなビジュアル世界が楽しめる。

ストーリー:GSブームにあやかり、3か月以内にGSバンドをデビューさせるよう命令されたプロダクション社長の梶井(武田真治)は、屋上で演奏していたマサオ(石田卓也)、シュン(水嶋ヒロ)、ケンタ(浅利陽介)に声を掛けることに。さらには、事務所に押しかけてきた歌手志望のミック(栗山千明)を男装させ、4人グループとして売り出す。

GSワンダーランド
(C) 2008「GSW」製作委員会

スタッフ

監督・脚本:
脚本: 永森裕二
撮影: 小林元
美術: 丸尾知行

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『GSワンダーランド』の映画ニュース

  • 俳優の浅利陽介(28)が17日、自身のオフィシャルブログを通して入籍したことを報告した。 浅利は結婚相手について、「同じ大学で知り合い、数年前からお付き合いをしていく...ざけんなよ~」などで活躍。その後も映画『GSワンダーランド』、ドラマ「コード・ブルー ドクターヘリ...
  • 小池栄子と坂井真紀がミニスカセクシー衣装対決!日本映画批評家大賞発表
    23日、品川プリンスホテルで第18回日本映画批評家大賞の授賞式が開催された。数多くの著名人が登壇したこの授賞式で、ひと際光り輝いていたのは、映画『接吻』で主演女優賞...栄子(『接吻』) 助演男優賞:岸部一徳(『GSワンダーランド』) 助演女優賞:坂井真紀(『実録・連合赤...
  • 栗山千明、胸元にさらし巻きつけ美形男子にパーフェクト変身!
    15日、渋谷シネマGAGA! で映画『GSワンダーランド』の初日舞台あいさつが行われ、主演の栗山千明、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介、そして本田隆一監督が登壇した。 この日は...」と宣言し、会場を笑いで包んでいた。 『GSワンダーランド』はGSブームが吹き荒れた1960年代を舞台に...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 水嶋ヒロ引退のウラ・・・実はバカップルだった - from エンタメニュース (2010年9月24日 12時31分)
    同じ事務所内の絢香と勝手に結婚、上層部を激怒させ 干された状態、主演映画公開中のクビは異例。 実は絢香は、デビュー前の恩人を利用して切り捨てるなど すこぶる評判が悪いらしい。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 水嶋ヒロ 執筆転身は解雇! 絢香が真相暴露するも・・・ from ありあ のほほん日記 (2010年9月23日 22時14分)
    絢香も既に事務所を退社。 執筆活動だけでなく、水嶋ヒロは俳優業も続けていくって 絢香が真相暴露。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 水嶋ヒロ 執筆活動へ。事務所退社の真相とお宝アイテム♪ | from Today's News なう (2010年9月21日 23時8分)
    絢香の病気もあるし、夫婦生活もうまくいってないって いう噂も流れたし、そのせいで仕事も減ってたしね。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • GSワンダーランド  ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2008年11月22日 3時38分)
    GS(グループ・サウンズ)ブームが峠を越えた1969年頃のドタバタ喜劇。当時を知らない人にはつまらないと思うが、当時GSに夢中にな... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年11月10日の週の公開作品
  3. 『GSワンダーランド』