シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

PARIS(パリ)

PARIS(パリ)
(C) CE QUI ME MEUT ‐ STUDIO CANAL ‐ STUDIO CANAL IMAGE ‐ FRANCE2 CINEMA
英題:
PARIS
製作年:
2008年
製作国:
フランス
日本公開:
2008年12月20日
上映時間:
配給:
アルシネテラン
カラー/ドルビーSRD

チェック:『スパニッシュ・アパートメント』などで知られるフランスの名匠セドリック・クラピッシュが、余命わずかな青年の目を通して、リアルなパリの日常風景を描いた珠玉のヒューマンストーリー。死の迫った主人公ピエールを演じるのは、セドリック監督作品の常連俳優ロマン・デュリス。その姉を『パリ、ジュテーム』のジュリエット・ビノシュが演じる。さまざまな人間ドラマを切り取ってきたセドリック監督が描く、美しくも切ないパリを堪能したい。

ストーリー:心臓病で余命いくばくもなく、助かるには心臓移植しか手はない元ダンサーのピエール(ロマン・デュリス)。静かに療養生活を送っているピエールを案じた姉エリーズ(ジュリエット・ビノシュ)は、彼と同居を始めることに。そんな状況の中、ピエールは周りの人々の喜びや悲しみに満ちた日常に目を向けるようになる。

PARIS(パリ)
(C) CE QUI ME MEUT ‐ STUDIO CANAL ‐ STUDIO CANAL IMAGE ‐ FRANCE2 CINEMA

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『PARIS』 from シネマな時間に考察を。 (2010年2月24日 13時7分)
    俯瞰するPARISは飾られた風景ではなく、街ゆく人々のストーリーを追ってみれば、そこには必ず哀しみや不満や憂鬱が。 でもみんな気付いていない。自分たちはとても幸運だということを。 『PARIS』 2008年/フランス/129min 監督:セドリック・クラピッシュ 出演:ジュ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「PARIS-パリ- from 映画レビュー等のmktの日記 (2009年10月16日 12時24分)
    Amazon.co.jp ウィジェット 「PARIS-パリ- 」 セドリック・クラピッシュの新作。 パリを舞台にした群像劇は、センスよく綺麗に描かれています。 話が全然つながらないところが逆に好感を持てます。 メインが暗い話しながら、全編のムードはそれほどでもなく、2時間楽し.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【PARIS】 from Cinema and more (2009年10月1日 23時46分)
    2008年 フランス 〔ドラマ〕 129分 ○監督・脚本 : セドリック・クラピッシュ ○出演 : ジュリエット・ビノシュ、ロマン・デュリス、ファブリス・ルキーニ、アルベール・デュポンテル、フランソワ・クリュゼ、カリン・ヴィアール、メラニー・ロラン、オドレ・マルネ ほか ...[外部サイトの続きを読む]
  • PARIS from pinkopaque/weblog (2009年2月12日 17時36分)
    公式サイト >>www.alcine-terran.com/paris/ 公式ブ ...[外部サイトの続きを読む]
  • Paris(パリ)/セドリック・クラピッシュ from ◆ 7つの部屋  ◆ (2009年1月12日 5時1分)
    人は、環境が変わると、それまでとは少し違った人生に出会う可能性がある。自分の病をした弟。弟の世話のために引っ越しをした姉。自分を抑圧してきた父親を失った教授。元妻を事故で失った男...象徴的な扱いとして、ナイジェリアからフランスへ密入国する男...など。 変化を受け入れることができず一人殻に閉じこもりもだえ苦しむ者。小さな出会いから押さえていた心を開放させる者。心の栓が外れ若い女性と夢の世界へ向かうもの。癒されぬ悲しみを抱えながらも自分の心を試してみる者。 ほんのささやかな環境の変化によって、大きく ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2008年12月15日の週の公開作品
  3. 『PARIS(パリ)』