シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
つみきのいえ
(C) 2008 ROBOT
英題:
LA MAISON EN PETITS CUBES
製作年:
2008年
製作国:
日本
日本公開:
2009年3月7日
(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ほか)
上映時間:
配給:
株式会社ロボット
カラー

チェック:2008年アカデミー賞短編アニメ賞を受賞したハートウォーミング作品。CGやVFX多用の現代において、あえて鉛筆タッチを生かした画調で柔らかく仕上げている。監督はテレビやCMなどで活躍している加藤久仁生。ナレーションを務めるのは、『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』の長澤まさみ。わずか約12分の作品ながら、環境問題などを取り入れたストーリーに、深く考えさせられる。

ストーリー:海面の水位が、どんどんと上昇してしまい、その世界で住むおじいさんは、家を上へ上へと増築していく。そのうちに、以前一緒に住んでいた家族のことを思い出して……。

つみきのいえ
(C) 2008 ROBOT

スタッフ

監督:
脚本: 平田研也
音楽: 近藤研二
ナレーション: 長澤まさみ
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『つみきのいえ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『つみきのいえ』 語ってしまうのも野暮ですが from 飛ぶ鳥を落とす勢いで、鳴かず飛ばず 出張版 (2011年9月7日 23時7分)
    現存する国家の幾つかの枠組みが融解し、言語が今とは違う意味を持つだろう200年後、しかしその200年後の人類がこのアニメを観て感涙する。2009年度アカデミー賞短編アニメ部門を日本映画で初めて受賞したこの『つみきの家』は、きっとそんな映画ではないだろうか。 物語は恐らく未来の地球、水位が上昇し続け人々が自分達で家を積み木のように重ねながら生活する世界で、一人の老人がパイプを水底の床下に落としてしまう。老人はパイプを拾うために潜水服を着込み積み重ねられた自宅の下へ下へと潜っていくのだが、それは単なる潜水ではな ...[外部サイトの続きを読む]
  • つみきのいえ / アニメ from 日曜感想文 (2010年2月16日 21時22分)
    アカデミー賞の短編アニメ映画賞を受賞した加藤久仁生監督の短編アニメ。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • つみきのいえ(2008/日本) 75点 from Smile Cinema (2009年8月25日 23時48分)
    つみきのいえ つみきのいえ / La maison en petits cubes 監督:加藤久仁生 【解説】 まるで「積み木」のような家。海面が、どんどん上がっ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年3月2日の週の公開作品
  3. 『つみきのいえ』