シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ポー川のひかり

公式サイト:http://po-gawa.net/
ポー川のひかり
(C) 2006 cinema11unidici-Rai Cinema
英題:
CENTO CHIODI
製作年:
2006年
製作国:
イタリア
日本公開:
2009年8月1日
(岩波ホール)
上映時間:
配給:
クレストインターナショナル
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:『明日へのチケット』などのイタリアの名匠、エルマンノ・オルミ監督による現代の寓話(ぐうわ)。世捨て人の哲学教授と、大河流域で暮らす素朴な人々との心の交流を繊細(せんさい)なタッチで描く。村人たちに“キリストさん”と慕われる主人公を演じるのは、イスラエル生まれのラズ・デガン。撮影を監督の息子であるファビオ・オルミ、製作総指揮を娘のエリザベッタ・オルミが務めている。牧歌的な風景の美しさと、清らかな心を持つ人々の笑顔が胸にしみる。

ストーリー:ちょうど大学が夏期休暇に入ったばかりの時期に、イタリアのボローニャ大学で大量の貴重な古文書が太い釘で打ち抜かれるという事件が起きる。警察からその容疑者と目されたのは、将来を嘱望されていた哲学教授(ラズ・デガン)だった。彼は終業後にこつ然と車で姿を消し、偶然大河ポー川の岸辺で発見したくちかけた廃屋で生活を始める。

ポー川のひかり
(C) 2006 cinema11unidici-Rai Cinema

スタッフ

監督・脚本:
製作総指揮: エリザベッタ・オルミ
撮影監督: ファビオ・オルミ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ポー川のひかり」 from 元・副会長のCinema Days (2009年10月13日 6時26分)
    (原題:Centochiodi )あまりの図式的な筋書きで、愉快ならざる気分になってくる映画だ。イタリアのボローニャ大学が所有する古い文献類が、夏休みを前にした晩に図書館の床に釘付けにされるという事件が起きる。すぐさま警察が捜査に乗り出すが、このあたりの展開はまるで「ダ・ヴィンチ・コード」などの“歴史的文化財をネタにしたミステリー”だ。  しかし、テンポよく進むのはこの開巻20分ぐらいで、あとは逃走した容疑者の若い哲学科教授の、ポー川のほとりでのホームレス生活(?)が延々と続く。彼はそこで素朴な住民達 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 記憶のかけら ― 『ポー川のひかり』 from 夢のもののふ (2009年8月12日 18時50分)
      ポー川のひかり Centochiodi   出演:ラズ・デガン ルーナ・ベンダンディ アミナ・シエド 監督:エルマンノ・オルミ 制作:イタリ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ポー川のひかり from 佐藤秀の徒然幻視録 (2009年8月1日 20時45分)
    公式サイト。原題:Centochiodi。英語タイトル:One Hundred Nails。エルマンノ・オルミ監督、ラズ・デガン、ルーナ・ベンダンディ、アミナ・シエド、ミケーレ・ザッタラ。冒頭のボローニャ大学図書館の夥しい古文書が五寸釘で“処刑”されているシーン。原題通りの「百の釘」.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ポー川のひかり from LOVE Cinemas 調布 (2009年6月17日 2時58分)
    カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた『木靴の樹』の監督、エルマンノ・オルミの最後の長編作品。別に監督が亡くなったわけではなく、自身が最後だとおっしゃっているそうです。主演は『アレキサンダー』でダリウス王を演じたラズ・デガン。イタリア映画なんですが、もしかしたら初めてかもしれません。知人からの紹介でマスコミ試写会に参加させてもらっての鑑賞です。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年7月27日の週の公開作品
  3. 『ポー川のひかり』