シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

地球に落ちて来た男

公式サイト:http://www.bowiechikyu.jp
地球に落ちて来た男
(C) 1976 Studiocanal Films Ltd. All rights reserved.
英題:
THE MAN WHO FELL TO EARTH
製作年:
1976年
製作国:
イギリス
日本公開:
1977年2月11日
上映時間:
配給・提供:
boid
提供:
京都みなみ会館
カラー/デジタル

チェック:『ハスラー』シリーズの原作者として知られる作家ウォルター・テヴィスのSF小説を、『美しき冒険旅行』などのニコラス・ローグ監督が映画化。美貌の異星人が地球でのビジネスで大成功を収めるも、思わぬ運命をたどるさまを描く。故郷の星を救うため地球に降り立った異星人の葛藤を、音楽、映像、ファッションとジャンルを超えて活躍し、多くの人々に影響を与えた世界的ロックスター、デヴィッド・ボウイが体現する。

ストーリー:一人地球に降り立った美しい顔立ちの異星人(デヴィッド・ボウイ)。彼は、人知を超えた特許を生かして弁護士と一緒に巨大企業を築き、事業は大成功を収める。謎の大富豪の暮らしぶりはアメリカ中の注目を浴びるが、一方で彼のことを良く思っていない人々もいて……。

地球に落ちて来た男
(C) 1976 Studiocanal Films Ltd. All rights reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    デヴィッド・ボウイ主演のカルト映画がリバイバル公開!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     水資源を求めて地球へやって来たピュアで繊細なエイリアンが、現代社会に蔓延する資本主義や物質主義に振り回され、やがて故郷の惑星へ戻ることが出来なくなってしまう。ビジュアリストたるニコラス・ローグ監督のシュールで洗練された映像美もさることながら、彼にしては珍しく社会派的な色合いの強い作品であり、来るべき多国籍大企業支配の時代を予見したかのような展開が今見ると非常に面白い。
     もちろん、エイリアン役を演じるデヴィッド・ボウイの、時代も性別も超越したカリスマ性と美貌もまるで古びていない。彼以外にあり得ないハマリ役。どんどん俗物化していく素朴な田舎娘にキャンディ・クラークという配役も絶妙だ。

ポスター/チラシ

  • 映画『地球に落ちて来た男』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『地球に落ちて来た男』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 1977年2月7日の週の公開作品
  3. 『地球に落ちて来た男』