シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
イメルダ
(C) Cinediaz Inc. All Rights Reserved.
英題:
IMELDA
製作年:
2004年
製作国:
フィリピン/アメリカ
日本公開:
2009年9月12日
上映時間:
配給:
ユナイテッドエンタテインメント
カラー/モノクロ/DVカム

チェック:80歳を迎えたフィリピンの女帝、イメルダ夫人が初めて自らの半生をカメラの前で語ることを承諾した衝撃のドキュメンタリー。自身でその波乱に満ちた人生を振り返るとともに、彼女の息子や親せき、幼なじみやジャーナリストらによる証言が、元大統領夫人の真の姿を浮きぼりにする。監督とプロデューサーを務めたのは、フィリピン系アメリカ人のラモーナ・ディアス。20年もの間、富と権力を欲しいままにした彼女の激動の人生に目を見張る。

ストーリー:フィリピン政財界の名門、ロムアルデス家に生まれたイメルダは8歳で母を亡くし、マニラからレイテ島に移り住む。やがて美しく成長した彼女はマニラの親せき宅で暮らすことになり、当時下院議員だったマルコスと知り合って11日目で電撃結婚する。ついに彼は大統領にまで登り詰め、イメルダはファーストレディとしてその手腕を発揮する。


スタッフ

監督・プロデューサー:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『イメルダ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • Imelda (イメルダ) from Cinema Review シネマ・レビュー (2010年12月14日 18時56分)
    Imelda (2003) ★★☆☆☆ (Philippines) 日本語タイトル: イメルダ official site: http://www.imelda.jp/ Director: Ramona S. Diaz(ラモーナ・ディアス) 見た理由 テレビでちらっと見てイメルダ夫... ...[外部サイトの続きを読む]
  • イメルダ from INTRO (2009年10月14日 15時5分)
    『イメルダが「イメルダ夫人」になった理由(わけ)』 / おそらくイメルダ・マルコス元大統領夫人がこの映画に出演し、インタビューを受けたのは、過去の行いの弁明をするためだったのだろう。「3000足の靴が注目されたのは、私にはほかに見られて困るようなものがなかったからよ」「心にやましいことはない」「私たちの周りには悪人がいて、それで物事がいつも複雑なことになってしまう」まあ、よくべらべらとしゃべるものだ。監督のラモーラ・ディアスの興味は、社会派... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2009年9月7日の週の公開作品
  3. 『イメルダ』