シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
小川の辺
(C) 2011「小川の辺」製作委員会
製作年:
2011年
製作国:
日本
日本公開:
2011年7月2日
上映時間:
配給:
東映
カラー

チェック:『山桜』の篠原哲雄監督と東山紀之が再び手を組み、藤沢周平原作の短編小説を映画化した感動作。藩命で妹の夫を討つよう命じられた兄が、社会的立場と肉親の情の板挟みで苦しむ様子をじっくりととらえる。心優しい主人公を東山紀之が務め、彼に仕える若党を、『シュアリー・サムデイ』の勝地涼が好演する。自らの運命に翻弄(ほんろう)されつつも、必死に生きようとする彼らの姿に胸が震える。

ストーリー:ある日、朔之助(東山紀之)は藩から上意討ちの命を受けるが、その相手は何と妹・田鶴(菊地凛子)の夫である佐久間森衛(片岡愛之助)だった。朔之助は佐久間を狙う道中に、幼いころから自分や妹と兄弟同様に育った若党の新蔵(勝地涼)を連れて行くことにする。彼らの心に共に引っかかっていたのは、気が強く剣術の使い手でもある田鶴のことだった。

小川の辺
(C) 2011「小川の辺」製作委員会

前売券特典

  • 映画『小川の辺』オリジナル筆ペン&稽古帳
    オリジナル筆ペン&稽古帳

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
原作: 藤沢周平

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『小川の辺』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 小川の辺 : 日本の美しさを感じられる映画 from こんな映画観たよ!-あらすじと感想- (2013年4月19日 21時44分)
    近年、春と秋が短くなったと感じるのは私だけではないでしょう。今年の長期予報では、5月には初夏の趣があるとのこと。日本の四季はどうなったのでしょうか。ちなみに、本日初会 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『小川の辺』★小川のせせらぎが涼やかです~それと雑感^^; from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年11月13日 17時24分)
            公式サイトです。 http://www.ogawa-no-hotori.com/index.html 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/155597/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画レビューしました。(ネタバレ表示なしです) http://info... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 藤沢周平・山形万歳。【映画】小川の辺 from B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら (2011年7月27日 20時11分)
    【映画】小川の辺 藤沢周平原作の短編小説を映画化。 【あらすじ】 ある日、朔之助(東山紀之)は藩から上意討ちの命を受けるが、その相手は何と妹・田鶴(菊地凛子)の夫である佐久間森衛(片岡愛之助)だった。朔之助は佐久間を狙う道中に、幼いころから自分や妹と兄弟 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「小川の辺(おがわのほとり)」感想 from タナウツネット雑記ブログ (2011年7月4日 18時40分)
    映画「小川の辺(おがわのほとり)」観に行ってきました。 藤沢周平原作の短編集「闇の穴」に収録されている短編小説を映画化した作品。 ストーリーは、架空の藩である海坂藩の藩士で戊井家の家長でもある主人公・戊井朔之助が、義弟である佐久間森衛を討てとの藩命を受けるところから始まります。 佐久間森衛は、2年前 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 小川の辺 ■ from どんくらの映画わくわくどきどき (2011年7月4日 3時8分)
    個々のシーンはとても美しい。まじめな映画なのだと思う。でも話の流れは短編を無理やり引き伸ばしたようでゆるやかというよりよどんでいる。 最後も納得いかない。あれでめでたしめでたしになっちゃったら夫... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年6月27日の週の公開作品
  3. 『小川の辺』