シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
アイリス -THE LAST-
(C) 2009 TAEWON ENTERTAINMENT. All Rights Reserved
製作年:
2010年
製作国:
韓国
日本公開:
2011年1月8日
上映時間:
配給:
角川映画
カラー

チェック:韓国国家安全局(NSS)の特殊要員が国家的陰謀に巻き込まれていく姿を壮大なスケールで描き、日本でもゴールデンタイムに放送された大ヒットドラマ「IRIS -アイリス-」を映画化。主演のイ・ビョンホンをはじめ、ヒロインのキム・テヒなどキャスト、スタッフはドラマ版そのままに、ドラマでは明かされなかった秘密組織「アイリス」のすべてが明らかになる。ドラマの内容に沿いつつも映画版ならではの新たな展開が用意され、先の読めないスリリングなストーリーでファンを魅了する。

ストーリー:韓国国家安全局(NSS)の最精鋭特殊要員キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)は、ハンガリーでの単独任務中に傷を負ってしまう。彼に助けを求められた上司は、親友チン・サウ(チョン・ジュノ)にヒョンジュンを抹殺させるという非情な決断を下す。巨大な陰謀に翻弄(ほんろう)されるヒョンジュンを、さらなる裏切りが待ち受けていた……。

アイリス -THE LAST-
(C) 2009 TAEWON ENTERTAINMENT. All Rights Reserved

動画

映画『アイリス -THE LAST-』予告編

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アイリス -THE LAST-』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 ≪ アイリス THE LAST ≫ from 映画の無料動画で夢心地 (2011年10月13日 14時8分)
    ドラマでは描かれていない 新たな裏切り… 韓国国家安全局(NSS)の特殊要員が国家的陰謀に巻き込まれていく姿を壮大なスケールで描き、日本でもゴールデンタイムに放送された大ヒットドラマ「IRIS -アイリ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アイリス -THE LAST- from シネマDVD・映画情報館 (2011年2月9日 11時27分)
    アイリス スタッフ 監督: ヤン・ユノ / キム・ギュテ キャスト イ・ビョンホン キム・テヒ キム・スンウ T.O.P 劇場公開:2011-1-8 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『アイリス -THE LAST-』 | 迫力のカーチェイス&銃撃戦 from 23:30の雑記帳 (2011年1月17日 19時52分)
    『アイリス』(IRIS、아이리스)初体験、行ってきました。 韓流ドラマ(って『冬ソナ』しか知らないんです。 しかも途中で挫折)かと思ったら、 ラブ注入度は30 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • IRIS (アイリス -The Last-) from Cinema Review シネマ・レビュー (2011年1月16日 12時15分)
    IRIS (2010) ★☆☆☆☆ (S.Korea) 日本語タイトル: アイリス -The Last- official site: http://www.iristhemovie.jp/ Starring: Byung-hun Lee(イ・ビョンホン), Tae-hee Kim(キム・テヒ), Jun-ho Jeong(... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アイリス -THE LAST- from ダイターンクラッシュ!! (2011年1月16日 1時25分)
    2011年1月15日(土) 18:55~ TOHOシネマズ川崎7 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:未確認 『アイリス -THE LAST-』公式サイト テレビで大いにガッカリしたのに性懲りも無く観に行ってしまった。 ビョン吉は、ドラマの中で死んでいるように思われるので、ドラマの続編とかでなく、基本的にはダイジェストだ。そのダイジェストは、きっとドラマを観ていないとちんぷんかんぷん。 いくつか設定の変更があり、田舎代議士の射殺を依頼するのは電話の謎の男、秋田の娘ユキの死亡シ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年1月3日の週の公開作品
  3. 『アイリス -THE LAST-』