シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
電人ザボーガー
(C) 2011「電人ザボーガー」フィルム・パートナーズ
製作年:
2011年
製作国:
日本
日本公開:
2011年10月15日
(新宿バルト9 ほか)
上映時間:
配給:
日活
カラー/35ミリ/シネマスコープ/ドルビーDTSステレオ

チェック:1974年に放送され人気を博した特撮ヒーロー作品を、『ロボゲイシャ』などの鬼才・井口昇監督がリメイクしたヒーロー・アクション。秘密殺人強盗機関Σ(シグマ)に父を殺され復讐(ふくしゅう)を誓う主人公が、父の作った変形型バイクロボット“ザボーガー”と共に戦う日々を、青年期、熟年期、老齢期にわたって活写。熟年時代の主役を務める板尾創路のバイクスタント、豪華キャスト演じる往年の人気キャラクターなど見どころ満載の痛快作だ。

ストーリー:秘密殺人強盗機関Σ(シグマ)に父・大門勇(竹中直人)を殺され、復讐(ふくしゅう)を誓う大門豊(板尾創路、古原靖久)は、地球の平和を守るため、亡き父が作った変形型のバイクロボット“ザボーガー”と共に日々戦い続けていた。そんな彼の前に敵の女サイボーグ、ミスボーグ(山崎真実)が現れ、大門は好意を抱くようになるが……。

動画

映画『電人ザボーガー』予告編(ディレクターズ・カット版)

ポスター/チラシ

  • 映画『電人ザボーガー』ポスター
    ポスター
  • 映画『電人ザボーガー』チラシ
    チラシ
  • 映画『電人ザボーガー』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
企画・原作: ピー・プロダクション

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『電人ザボーガー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「電人ザボーガー」@WOWOW from 新・辛口映画館 (2013年3月23日 18時24分)
    久々の旧作レビューです。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • [2011映画]「電人ザボーガー」 from みせもんぞめき! (2011年12月1日 22時0分)
    オリコンのニュース。 【相次ぐ漫画・アニメの実写化、6割以上が「嬉しくない」 】 近年のドラマや映画では、人気漫画をはじめアニメ、ゲームなどを原作とした“実写化作品”が多く誕生しているが、この現状を世間はどう捉えているのだろうか? このほどORICON STYLEが10代 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「電人ザボーガー」 from 元・副会長のCinema Days (2011年11月16日 6時49分)
    中途半端な内容で、まったく評価できない。元ネタは74年~75年に放送されたTV特撮ドラマだが、私自身は何回か放映を目にした記憶はあるものの、思い入れは一切ない。だから劇場に詰めかけた“往年の特撮ヒーロー物のファン”とは違って一歩も二歩も引いた立場から... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「電人ザボーガー」中年ヒーロー GO! from シネマ親父の“日々是妄言” (2011年10月27日 20時23分)
    [電人ザボーガー] ブログ村キーワード  ある意味、吾輩が今年一番楽しみにしていたのは、この映画かもしれません。「電人ザボーガー」(キングレコード/ティ・ジョイ)。まさかの70年代ヒーロー、37年ぶりの復活!中年男の血がたぎる(^^;!これはもう、楽しむしかございませんわ!!    ≪第1部≫国会議員を狙った連続誘拐事件が発生。次の標的が若杉議員(木下ほうか)であるとの犯行予告を受け、警備に向かった新田警部(渡辺裕之)らの前に、サイボーグ組織Σ(シグマ)のメンバー、ミスボーグ(山崎真美)がロ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 電人ザボーガー from 佐藤秀の徒然幻視録 (2011年10月21日 20時6分)
    石川遼君頑張った! 公式サイト。井口昇監督、板尾創路、古原靖久、柄本明、山崎真実、渡辺裕之、宮下雄也、佐津川愛美、竹中直人。1970年代のテレビ番組を「ロボゲイシャ」の井口監 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年10月10日の週の公開作品
  3. 『電人ザボーガー』