シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

あしたのパスタはアルデンテ

あしたのパスタはアルデンテ
(C) Fandango2010
英題:
MINE VAGANTI
製作年:
2010年
製作国:
イタリア
日本公開:
2011年8月27日
(シネスイッチ銀座 ほか)
上映時間:
配給:
セテラ・インターナショナル
カラー/ドルビーデジタル/シネマスコープ

チェック:保守的な価値観が残る町でパスタ会社を営む一家の長男が、ある重大な秘密を告白したことから巻き起こる大騒動の行方を描いたハートフル・コメディー。監督は『向かいの窓』などで知られるフェルザン・オズペテクが務め、家族の愛ときずなをユーモアたっぷりにつづる。キャストには『輝ける青春』のリッカルド・スカマルチョ、『副王家の一族』のアレッサンドロ・プレツィオージ、『シチリア!シチリア!』ニコール・グリマウドら実力派がそろう。

ストーリー:パスタ会社社長の息子トンマーゾ(リッカルド・スカマルチョ)は、家族には経営学部と偽って文学部を卒業し、小説を執筆していた。さらに大きな秘密を抱える彼は、長兄のアントニオ(アレッサンドロ・プレツィオージ)が新社長に就任する食事会でそのことを告白しようとした矢先、兄が驚がくの秘密を発表。トンマーゾは何も言い出せないまま、兄の代わりに会社の経営を任されてしまい……。

あしたのパスタはアルデンテ
(C) Fandango2010

動画

映画『あしたのパスタはアルデンテ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『あしたのパスタはアルデンテ』ポスター
    ポスター
  • 映画『あしたのパスタはアルデンテ』チラシ
    チラシ
  • 映画『あしたのパスタはアルデンテ』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロダクション・デザイナー: アンドレア・クリザンティ
プロダクション・スーパーバイザー: クラウディオ・ザンペッティ
ラインプロデューサー: ジャンルカ・レウリーニ
プロダクション・マネージャー: ロベルト・レオーネ
アシスタント・ディレクター: ジャンルカ・マッツェッラ
プロデューサー: ドメニコ・プロカッチ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『あしたのパスタはアルデンテ』の映画ニュース

  • 女優・タレントの三船美佳が8日、都内で行われた映画『カプチーノはお熱いうちに』の特別試写会イベントに出席し、同作で描かれる女性の生き方などについて語った。 乳がん...賞、主演女優賞など11部門にノミネート。『あしたのパスタはアルデンテ』などのフェルザン・オズペテク監督がメガ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • あしたのパスタはアルデンテ from ダイターンクラッシュ!! (2012年3月18日 0時41分)
    2012年3月17日(土) 16:20~ キネカ大森2 料金:1000円(Club-C会員料金) あしたのパスタはアルデンテ [DVD]出版社/メーカー: オンリー・ハーツメディア: DVD 『あしたのパスタはアルデンテ』公式サイト キネカ大森 名画座 家族もの特集。 イタリアの田舎のパスタ会社一族。 ローマ在住の大学生の次男が一時的に帰ってくる。 一族の会社で働く長男に「俺はゲイだ。家は継がない。作家になる。」と皆の前でカミングアウトするぞと宣言するも、その長男が一族の前で「俺はゲイだ。」と先 ...[外部サイトの続きを読む]
  • おじさんシネマ(明日のパスタはアルデンテ) from おじさん(Age.56)日記By宙虫 (2012年1月31日 0時10分)
    明日のパスタはアルデンテ イタリア映画。 イタリアといえば、ゴッドファーザー。 あのファミリーの感覚。 この映画の基本はそのファミリー。 分厚い家族のきずなに異質なものが入り込んできたらどうなるのか? はたまたそのファミリーのきずなをつなぐために押し隠しているものは何なのか? デフォルメされた登場人物たちが生き生きとしていて好感。 生き生きといってもけっして品行方正というわけではない。 けっこう驚愕の展開。 べたな笑いと笑いたくても笑えないブラックさが何ともイタリアなの... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 あしたのパスタはアルデンテ from 別冊 社内報 (2011年11月14日 11時14分)
    ちょうど今日のランチはパスタでした。 近所のBAR SORRISO。コーヒー立ち飲みなら割引、という方がコーヒー飲みには注目のお店ですが、お隣のイタ飯通には「札幌でこんなに(イタリアっぽくて)美味しいお店はない」と大好評。 イタリアに行ったことないし、それほど食通ではなく、どちらかといえばパスタよりも財政や後任首相が気になるくらい。 キノのロビーで入場を待っていたら、ロータリー財団奨学生とバッタリ。 彼女は、お友達である監督の作品「ぼくたちは見た-ガザ・サムニ家の子どもたち-」を観に来たそう ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画感想:『あしたのパスタはアルデンテ』 from 日々是好日 (2011年9月27日 17時37分)
    〔ストーリー〕  作家志望の青年トンマーゾの実家、カントーネ家は南イタリアのレッツェで老舗のパスタ工場を営んでいる。久しぶりにローマから帰省したトンマーゾは、共同経営者を招いた一家の夕食会で自分がゲイであることを告白しようと決意していた。ところが、夕食会の席で兄のアントニオが先にカミングアウト。アントニオを勘当した父親は動揺のあまり倒れてしまう。トンマーゾはローマに戻ることもできず、共同経営者の娘アルバとともにパスタ工場の運営を任されることに…。 原題:MINE VAGANTI 監督:フェルザン・ ...[外部サイトの続きを読む]
  • あしたのパスタはアルデンテ  ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2011年9月12日 3時25分)
    老舗のパスタ工場を経営する家族を襲った大騒動を描いたコメディ。結構笑わせるところもあるけれど、明るい顔に寂しさを隠している。アルバや使用人を含めて個性豊かな家族たちそれぞれが過去の苦い思い出や果... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年8月22日の週の公開作品
  3. 『あしたのパスタはアルデンテ』