シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳

公式サイト:http://www.ikarinotekken.com/
レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳
(C) 2010 Media Asia Films (BVI) Ltd. Beijing Enlight Pictures Ltd. All Rights Reserved
英題:
精武風雲・陳真
製作年:
2010年
製作国:
中国
日本公開:
2011年9月17日
上映時間:
配給:
ツイン
カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD

チェック:『ドラゴン怒りの鉄拳』でブルース・リーが演じ、これまで何度も映画化、ドラマ化されてきたヒーロー、チェン・ジェンが祖国を守るために戦うカンフー・アクション。『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウが監督を務め、主演のドニー・イェンがアクション監督もこなす。共演には『百年恋歌』のスー・チー、『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』のアンソニー・ウォンとショーン・ユーらがそろい、EXILEのAKIRAがドニー・イェンと見事な格闘シーンを披露している。

ストーリー:日本などの各国の思惑が入り乱れる1925年の上海、極秘裏に日本軍へのレジスタンス活動を行うチェン・ジェン(ドニー・イェン)は素性を隠し、各国の要人が出入りするナイトクラブ「カサブランカ」のオーナー、リウ・ユティエン(アンソニー・ウォン)に近づく。そこで出会った歌手キキ(スー・チー)と次第に惹(ひ)かれ合っていくが、彼女もまた打ち明けられない秘密を抱えていた……。

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳
(C) 2010 Media Asia Films (BVI) Ltd. Beijing Enlight Pictures Ltd. All Rights Reserved

動画

映画『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』予告編

スタッフ

監督・撮影:
プロデューサー: ゴードン・チャン
武術指導: 谷垣健治
アクション監督: ドニー・イェン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • レジェンド・オブ・フィスト-怒りの鉄拳- from ダイターンクラッシュ!! (2012年1月2日 23時15分)
    2012年1月2日(日) 17:20~ 新橋文化劇場 料金:0円(二本立ての二本目) 『レジェンド・オブ・フィスト-怒りの鉄拳-』公式サイト 今年、局所的に一部でブームのドニーさん。 タイトルから精武門系を想定されるが、何とブラックマスク状態で活躍。しかし、最後は陳真となり、怪鳥音まで披露した。でも、最後はブラックマスク。 精武門系なので、当然日本鬼子なのだが、反日になるのも仕方あるまいぐらいの非道ぶり。日本人としてもドニーさんを応援せざるを得ない。 大日本帝国のスパイとなっているクラブのホステス、 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2011年10月30日 2時59分)
    伝説のアクション・ヒーロー、ブルース・リーが「ドラゴン怒りの鉄拳」で演じたチェン・ジェンを、当代を代表するアクションスター、ドニー・イェンが演じるこの作品。どうしてもブルース・リーとの比較してしまいがちですが、純粋にこの作品を楽しむことにしていました... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳」 from prisoner's BLOG (2011年10月2日 6時25分)
    ブルース・リー主演の「ドラゴン怒りの鉄拳」の何本もある後日談のひとつ。 日本人を悪役にしているところも一緒、というかそれを抜きにしてこのシリーズ(?)はないのだろう。 日本の覇権主義を非難したりしているのだが、何、今の中国に比べたらままごとみたいなものだ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「レジェンド・オブ・フィスト-怒りの鉄拳-」を観ましたよ from よだれ一滴 (2011年9月23日 7時59分)
    新宿武蔵野館で「レジェンド・オブ・フィスト-怒りの鉄拳-」を観ましたよ。 降って湧いたようなドニーさん祭りもいよいよ終盤。ブルース・リー「ドラゴン 怒りの鉄拳」の後日譚となる本作で抗日映画のヒーロー、陳真を演じています。 まずは冒頭、第一次大戦のヨーロッパ戦線で銃弾を掻いくぐりながら大暴れするドニーさんのハンパない超人ぶりに一気に惹きつけられる。ここは毎朝にでも見たいくらい素晴らしい仕上がりです。 その後は日本統治下の上海で、まんまグリーン・ホーネットな仮面をつけ「反日中国人処刑リスト」と ...[外部サイトの続きを読む]
  • レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2011年9月21日 0時20分)
    アクション・スター、ドニー・イェンが祖国を守るために戦う男を演じる。話は散漫だが“ブルース・リー愛”満載の娯楽アクションになった。1925年、欧米各国の思惑が入り乱れる大都 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2011年9月12日の週の公開作品
  3. 『レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳』