シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

チェック:マーベルコミックスの中でも長きわたり愛されている原作を基に、ヒーローチーム「ファンタスティック・フォー」誕生の瞬間を描くアクション大作。『クロニクル』で長編デビューしたジョシュ・トランク監督と『X-MEN』シリーズの脚本などを務めたサイモン・キンバーグがタッグを組み、事故で特殊能力を得た若者4人の成長や苦悩、地球を守る壮絶な戦いを映し出す。『クロニクル』などのマイケル・B・ジョーダン、『セッション』などのマイルズ・テラー、『リトル・ダンサー』などのジェイミー・ベル、『127時間』などのケイト・マーラらが出演。

ストーリー:天才的な才能を持つリード(マイルズ・テラー)、彼の相棒ベン(ジェイミー・ベル)、科学者の養女スー(ケイト・マーラ)とその弟ジョニー(マイケル・B・ジョーダン)は、人類の未来を左右する研究に参加。研究の末に完成した物質転送装置で異次元空間プラネット・ゼロへのテレポートに挑むが、想定外の事故に巻き込まれ超人的パワーを宿してしまう。一方、事故により行方不明になっていたビクターは、彼らのパワーを上回る能力を得ていて……。

ファンタスティック・フォー
(C) 2015 MARVEL & Subs. (C) 2015 Twentieth Century Fox

映画短評

  • なかざわひでゆき
    未熟な若者たちの挫折と再起を描く青春ドラマとして見るべし
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     スパイダーマンと同じく、やたらとサイクルの早いリブート版。全米での評判は芳しくないようだが、さりとて失敗作の一言で片付けるには惜しい作品だ。
     未熟な若者たちの軽率な行動が取り返しのつかない事態を引き起こす、という展開はまさしく『クロニクル』。ジョシュ・トランク監督は最終版の出来に不満を示しているようだが、それでもなお彼の作家性の刻印は明らかと言えよう。
     確かによくよく振り返ると極めてスケールの小さな話だし、単純明快な’05年版に比べると暗くてスーパーヒーロー映画らしい爽快感には著しく欠ける。しかし、未熟な若者たちの挫折と再起を描く青春ドラマとして見れば、少なくともその人間描写に嘘はない。

  • くれい響
    誰が観てもジョシュ・トランクの映画です。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    まだ記憶に新しい『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』から8年余りでキャスト全取っ替えの新シリーズを始めたことが分からないが、前作『クロニクル』の設定は『ファンタスティック・フォー』×『AKIRA』だから、今回のジョシュ・トランク監督の抜擢は当然。もちろん仕上がりも、友情アリ、葛藤アリの青春映画になっており、ヴィランの暴走もしっかり描かれている。だが、妙にポップだった前シリーズに比べると、キャストの見た目の地味さは否定できないし、ドラマパートに比べてアクションパートの比重が少ない。つまり、アメコミ映画にあって当然のものが明らかに欠落しており、それが全米で酷評の嵐となった理由といえるだろう。

  • 平沢 薫
    「クロニクル」の監督らしい新たな設定に注目
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     低予算の「クロニクル」からこの大作に抜擢されたジョシュ・トランク監督は、スタジオのせいで思い通りの映画が撮れなかったと発言して批判もされているが、かつてデヴィッド・フィンチャーが初の大作「エイリアン3」を撮ったときも同じような不満を発言してた。トランクは、今後に何を撮るかが勝負。本作には彼だから出来たであろう、大胆なアイデアが多数盛り込まれている。スーパーパワーを持つことの意味は、4人各自で異なる。敵の目的は人類滅亡ではなく、人類は巻き添えになるだけ。家族は血縁だけではない。スーは音楽を好み「音楽はパターン認識よ」と言うが、オリジナル脚本にはもっとこの種の描写があったのではないだろうか。

動画

映画『ファンタスティック・フォー』予告編
映画『ファンタスティック・フォー』特報映像
映画『ファンタスティック・フォー』特別映像
有名な理論物理学者が衝撃発言!『ファンタスティック・フォー』特別映像
堀北真希、夫・山本耕史から「おめでとう」と誕生日を祝われる 映画『ファンタスティック・フォー』ジャパンプレミア
映画『ファンタスティック・フォー』出演者 特別インタビュー映像

写真ギャラリー

Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ファンタスティック・フォー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ファンタスティック・フォー』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ファンタスティック・フォー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ファンタスティック・フォー (2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年10月10日 3時0分)
    アメリカン・コミック(マーベル)の映画版。1994年、2005年とほぼ10年ごとにリブートシリーズが公開されている。アベンジャーズ等が独立したヒーローの集まりなのに対して、ファンタスティック・フォーは最初から4人組。  身体を自由に伸縮できる、身体を透明にしたりバリアを作れる、炎を自由に扱える、岩石のような外見で怪力、などの能力を持つ4人が活躍する。  2017年に続編公開予定。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ファンタスティック・フォー from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年10月9日 0時13分)
    Fantastic 4 [CD]天才的な才能を持つ発明オタクのリードは、相棒のベン、科学者の養女スーとその弟ジョニーと共に、人類の未来をかけた研究に参加する。研究の末に完成した物質転送装置 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ファアンタスティック・フォー」元祖スーパー戦隊、リ・ボ~ン! from シネマ親父の“日々是妄言” (2015年10月8日 22時2分)
    [ファンタスティック・フォー] ブログ村キーワード  あのマーベル史上最初のヒーロー・チーム、3度目の映画化!「ファンタスティック・フォー」(20世紀フォックス)。「アベンジャーズ」や「X-MEN」の原点とも言われる作品。原作の発表は、何と!1961年まで遡ります。  若き天才科学者・リード(マイルズ・テラー)は、小学5年生で物質転送装置を開発。幼馴染のベン(ジェイミー・ベル)と共に更に研究を発展させ、7年後の科学コンテストにその装置を出展。そこでバクスター財団のDr.ストーム(レグ・E・キャシ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年10月5日の週の公開作品
  3. 『ファンタスティック・フォー』