シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
幕末太陽傳
(C) 日活
製作年:
1957年
製作国:
日本
日本公開:
1957年7月14日
(テアトル新宿 ほか)
上映時間:
配給:
日活
モノクロ/スタンダード

チェック:「居残り佐平次」などの古典落語を基に、江戸の色町で繰り広げられる騒動を描いた1957年製作の喜劇映画の傑作。遊郭に居座った一文なしの佐平次の粋な生きざまと、遊女や出入りする客たちとのエピソードをつづっていく。『洲崎パラダイス 赤信号』などの川島雄三がメガホンを取り、佐平次役のフランキー堺が名コメディアンぶりを発揮するほか、石原裕次郎や小林旭など日活スターたちが共演。シニカルなユーモア、エネルギーあふれる登場人物など、痛快で爽快(そうかい)な川島演出の手腕が光る。

ストーリー:江戸末期、品川宿の遊郭「相模屋」へ、仲間と繰り出した佐平次(フランキー堺)。翌朝、一文なしの佐平次は居残りを決め込み、店の雑用一切を引き受けることに。高杉晋作(石原裕次郎)から勘定のカタを取るなど、佐平次は素晴らしい働きを見せる。そんな佐平次をめぐって、女郎のこはる(南田洋子)とおそめ(左幸子)がにらみ合いをするようになり……。

幕末太陽傳
(C) 日活

動画

映画『幕末太陽傳』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『幕末太陽傳』ポスター
    ポスター
  • 映画『幕末太陽傳』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『幕末太陽傳』特製はがき
    特製はがき

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
脚本・助監督: 今村昌平
脚本: 田中啓一
風俗考証: 木村荘八
撮影: 高村倉太郎
照明: 大西美津男
録音: 橋本文雄
編集: 中村正
音楽: 黛敏郎
製作主任: 林本博佳
資料提供: 宮尾しげを / 安藤鶴夫

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『幕末太陽傳』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「幕末太陽傳 デジタル修復版」を観ましたよ from よだれ一滴 (2012年1月16日 7時49分)
    テアトル新宿で「幕末太陽傳 デジタル修復版」を観ましたよ。 品川の遊郭で、代金を払わずに居座る男が飄々とした立ち振る舞いで大活躍していくという何てことはない小さなお話なのにパワフルでスペクタクル感に溢れた傑作。スクリーンで観るのは二度目ですが修復されて細部まで見やすくなっていたので余計に面白く感じました。 この作品を知ったのは80年代後半からヤンジャンで連載されていた「栄光なき天才たち」という漫画での監督・川島雄三のエピソード。その中で「幕末太陽傳」で実現出来なかったラストシーンが描かれていて強 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 幕末太陽傳 デジタル修復版 from ダイターンクラッシュ!! (2011年12月30日 22時54分)
    2011年12月30日(金) 16:25~ キネカ大森1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 幕末太陽傳 コレクターズ・エディション [DVD]出版社/メーカー: 日活メディア: DVD 『幕末太陽傳 デジタル修復版』公式サイト 豪華キャストのオールスターコメディ時代劇なのだが、フランキー堺と石原裕次郎しか、見ていて認識できず。後は、菅井きんは認識できた。 幹となるストーリーは無いのだが、無銭飲食および宿泊のフランキー堺が、そのまま「居残り」の異名で、宿に住み込み、女 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 幕末太陽傳 デジタル修復版 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2011年12月29日 0時6分)
    幕末太陽傳 コレクターズ・エディション [DVD]夭折の名匠・川島雄三監督の代表作を、日活が創立100周年を記念してデジタル修復した「幕末太陽傳 デジタル修復版」。1957年製作の傑作喜 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】 幕末太陽傳 デジタル修復版 from 別冊 社内報 (2011年12月24日 17時26分)
    1957年の川島雄三監督作品。 フランキー堺主演。 女郎役に左幸子と南田洋子。高杉晋作は石原裕次郎、久坂玄瑞は小林旭、二谷英明は長州藩士だし、相模屋の主人は金子信雄。その奥さんが山岡久乃。岡田真澄が「品川生まれの品川育ち」と喋れば笑いが起こります。菅井きんのやり手ばばあ役もはまり。 あばたの金さんで小沢昭一が好演。のちの黄門様西村晃が気弱な役で、殿山泰司は「三枚起請」の親父。 助監督が今村昌平、音楽が黛敏郎。 豪華。 クリスマスイブにもってこいの映画。 ■ 札幌劇場にて  ■ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 1957年7月8日の週の公開作品
  3. 『幕末太陽傳』