シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
どなたでもご覧になれます

ダーク・ブラッド

公式サイト:http://www.dark-blood.com
ダーク・ブラッド
(C) 2013 Sluizer Films BV
英題:
DARK BLOOD
製作年:
2012年
製作国:
アメリカ/イギリス/オランダ
日本公開:
2014年4月26日
(東京・ユーロスペース ほか)
上映時間:
配給:
マジックアワー
カラー

チェック:『スタンド・バイ・ミー』などでハリウッドの人気スターとなるが、1993年に23歳で死去したリヴァー・フェニックスの遺作となったスリラー。砂漠の荒れ地で生活する青年と、車が故障したため彼のもとを訪れたリッチな夫婦の不穏な成り行きを描く。リヴァーの死後20年ほどお蔵入りとなっていた作品。監督は、『失踪』などのジョルジュ・シュルイツァー。共演は『キャリントン』などのジョナサン・プライスと『夫たち、妻たち』などのジュディ・デイヴィス。邪悪で妖しげな青年を演じるリヴァーの美しいルックスと抜群の存在感に惹(ひ)き付けられる。

ストーリー:妻が亡くなり、以前核実験場だった砂漠に居住する孤独な青年ボーイ(リヴァー・フェニックス)のところに、ある日、ハリー(ジョナサン・プライス)とバフィー(ジュディ・デイヴィス)夫婦がやって来る。車のアクシデントで、身動きが取れなくなった彼らはボーイを頼るが、ボーイは美しいバフィーに対し、次第に心を寄せるようになる。

ダーク・ブラッド
(C) 2013 Sluizer Films BV

映画短評

  • なかざわひでゆき
    21年前のリヴァーに再会するための映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     当時23歳のリヴァー・フェニックスが急逝し、未完のままとなっていた作品。あの衝撃から21年。当然ながら、スクリーンに映し出されるリヴァーは若く美しいままだ。自分が撮影半ばで死ぬなど考えも及ばなかっただろうその姿に、同時代を生きた映画ファンならば少なからず胸が熱くなるはずだ。
     未撮影部分を監督のモノローグで補完。そこは想像で補わねばならないため、やはり作品としての評価は難しいと言わざるを得ない。
     そういえば数年前、かつて彼の恋人だったマーサ・プリンプトンにL.A.で会った。すっかり恰幅のいいオバちゃんとなった彼女を前にして、リヴァーが生きていたらどんな中年になっていたかと考えたものだ。

  • ミルクマン斉藤
    For River Phoenix Lovers Only.
    ★★★★
    »読む«閉じる

    これはやはりお蔵入りのままで良かった作品ではないか? 『眼には眼を』『処女ゲバゲバ』『GERRY』等、砂漠を密室と捉えた映画には不条理で異様な緊迫感があるが、ここにはとっちらかった混乱があるだけ(ま、それを不条理といえなくもないが)。母なる土地を放射能実験で穢され、妻を癌で亡くしたリヴァー。自分の身体に混ざった白人の血を「ダーク」と呼ぶインディアンの彼は、砂漠に迷いこんだ白人夫婦を“監禁”し“復讐”を仕掛けるのだが、何故呑んだくれの年上女J.デイヴィスに執着するのか理解できず、デイヴィスの感情の変化にも流れがない。そもそもすぐに逃げられるような場所なのに…。膝カックンなラストまでただ当惑のみ。

  • 相馬 学
    残念ではあるが興味深くもある"不完全"映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     未完に終わった故リバー・フェニックスの遺作を、20年を費やして完成させる。作り手の執念に、まず素直に敬意を表したい。

     冒頭ジョルジュ・シュルイツァー監督によってその経緯が語られ、“未完の映画”であることが宣言される。なるほど、物語の転換となる主要な場面は部分的に欠けており、それらはナレーションで補完されている。その多くが感情的な高まりを掻き立てるシーンで、“実際にリバーが演じていたら?”と思うと、夭逝がつくづく惜しまれる。

     リバーのファンには嬉しい作品であるのは間違いない。一方で、映画製作の断面が垣間見られるという点でとても興味深く、映画ファンならば見ておいて損はないと思う。

動画

映画『ダーク・ブラッド』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ダーク・ブラッド』ポスター
    ポスター
  • 映画『ダーク・ブラッド』チラシ
    チラシ
  • 映画『ダーク・ブラッド』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ダーク・ブラッド』特製ポストカード(3枚セット)
    特製ポストカード(3枚セット)
  • 映画『ダーク・ブラッド』海外版ミニポスター
    海外版ミニポスター

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

プロダクションデザイン: ヤン・ロールフス / ベン・ヴァン・オズ
サウンドデザイン: ハロルド・ヤルビング

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ダーク・ブラッド』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ダーク・ブラッド』を観ました【映画】リヴァー・フェニックス幻の遺作 from カフェビショップ (2014年12月4日 7時21分)
    これはどうなんすかねえ。 監督が余命少ないってことで 未完で終わってた作品をどうにか完成させたいという 執念で作り上げたものらしいけど、 苦しいっすね。 どうにか形だけは格好つくようにはしてるけども、 やっぱ完成形のストーリーには 足りないシーンが多す… ...[外部サイトの続きを読む]
  • やっぱりスタンドバイミーが好き from 癒し空間~ベテスダの泉~ (2014年4月24日 16時49分)
    私は1986年公開とかなり昔の映画ですが、スタンドバイミーが今でも大好きです。今までに何回見たか分からないほど見てきたので、スラスラとセリフが出てきてしまうくらいです。4人の少年が死体を捜しに出掛けるという冒険的な話が、物語に引き込んでくれます。それぞれの少年 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年4月21日の週の公開作品
  3. 『ダーク・ブラッド』