シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ハミングバード
(C) 2012 Hummingbird Film Investments LLC
英題:
HUMMINGBIRD
製作年:
2012年
製作国:
イギリス
日本公開:
2014年6月7日
(新宿バルト9 ほか)
上映時間:
日本語字幕:
種市譲二
配給・提供:
ショウゲート
提供:
ハピネット
カラー/シネマスコープ/5.1ch

チェック:戦場で犯した罪を背負い身を潜めて生きてきた元特殊部隊の男が、ある出来事を機に復讐(ふくしゅう)の鬼と化していくクライムアクション。イギリス社会の暗部に迫る緊迫感あふれるストーリーを構築したのは、『イースタン・プロミス』などの脚本家で本作が初監督作となるスティーヴン・ナイト。『トランスポーター』シリーズなどで絶大な人気を誇るジェイソン・ステイサムがスタントなしで肉弾アクションを繰り広げるほか、過去にとらわれた主人公の苦悩を体現する。

ストーリー:以前特殊部隊を率いていた元軍曹ジョゼフ(ジェイソン・ステイサム)は、戦場で罪を犯したのをきっかけに、心に傷を抱えながら身を潜めて暮らしていた。そんなある日、ただ一人打ち解けていた少女が誘拐されてしまい、彼女を救うためロンドンの暗黒街を突き進む。しかし、最悪な結末を迎え怒りを爆発させた彼は、リベンジを胸に誓い……。

ハミングバード
(C) 2012 Hummingbird Film Investments LLC

映画短評

  • 中山 治美
    戦争が終わっても帰還兵の苦しみは続く
    ★★★★
    »読む«閉じる

     J・ステイサムのアクション頼りのサスペンス。だがアフガニスタンで大統領選挙が行われ、16年末にも米軍完全撤退が進んでいる今観ると、観賞後のほろ苦さが増すようだ。主人公は、闇の仕事を生業とするアフガン帰還兵。そこで稼いだ大金は、ホームレスや慈善団体に惜しみなく注ぐ。戦争の偽善を知った彼が辿り着いた、究極の偽善者の道。脚本も務めたS・ナイト監督が社会に放つ、痛烈な皮肉だ。
     それにしもK・ローチ監督『ルート・アイリッシュ』にハリウッドでリメイクもされた『ある愛の風景』など帰還兵の心の闇を描いた作品が後を絶たないワケだが…、戦争に加担するというのはこういう事であると噛みしめねば!
     

  • 相馬 学
    ハードボイルドな味が光るステイサムの“本流”
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ジェイソン・ステイサムというとアクション・スターのイメージが強いが、母国イギリス製の主演作に限るとその枠では括りきれない。本作も同様で、肉弾アクションは抑えめだが、ドラマの歯応えはなかなかだ。

     裏町の寂寞とした空気や裏ビジネスの非道、欲に憑かれた人間模様などの、ロンドンの暗部をあぶり出した物語。孤独を寄せ合うかのような交流のドラマが核となり、それらをハードボイルドな味として引き立てる。

     デビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』もそうだったが、ステイサムのルーツというべき下町感覚が息づく点で興味深い。超人的アクションでは語れないリアリズムもまた、彼の魅力である。

  • なかざわひでゆき
    役者ジェイソン・ステイサムの転機となる一本か
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     もともとジェイソン・ステイサムの魅力というのは、陰りを湛えた男臭さと寂しげな瞳(まあ、頭髪もだけど)の醸し出す色気だと思っているので、社会派ドラマとのクロスオーバーを図った本作は大歓迎だ。
     今回の役どころは、戦場でのトラウマから世捨て人となった元兵士。そんな彼が、人身売買にさらわれたホームレスの少女を救おうとロンドンの裏社会へ足を踏み入れる。それは、人に言えぬ過去を背負った彼にとって贖罪の闘いでもあるのだ。
     現代の欧州に蔓延する移民や貧困、戦争などの問題を絡めた物語は少なからず消化不良気味。だが、善悪では計り知れぬ心の闇を体現するステイサムの、役者としての懐の深さは十二分に感じられる。

  • ミルクマン斉藤
    演技者としてのステイサムに男泣き。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    J.ステイサムは何故こんなに男心を惹きつけるのか。それはアクションのキレの良さ、演技者としての質の高さだけでなく、男という存在のモロさ危うさ…いってみればロマンティシズムをむんむん発散しているからだ。アクションといえば幾度かのリアルな喧嘩シーンだけな本作だからこそ、そんな彼の稀有なチャームが存分に味わえるというもの。『堕天使のパスポート』等でロンドンの移民事情を斟酌なく描いたS.ナイトらしい裏街への思い入れ。そんな階層にこそ居場所を感じ身を埋める “戦犯”と、辛い過去のあるポーランド人修道女との揺れ動く恋模様(そんなシーンで長回しを多用)…これぞイギリス映画的な渋さに情感が溢れ出る。

  • 森 直人
    ジェイソン・ステイサムの「次元大介イズム」がメロウに!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ジェイソン・ステイサムは『エクスペンタブルズ』以降、高性能なマッチョスターとしての需要が増えているように思うが、むしろハードボイルド性に真価があったのでは。ストイックでタフ、だが堅気では生きられない哀愁と柔らかな色気がにじむ。本作はそんな彼の「次元大介イズム」がメロウに活かされた傑作だ。

    これが初監督のスティーヴン・ナイトは、脚本作『堕天使のパスポート』『イースタン・プロミス』同様、ロンドンの移民社会を舞台に「ノワール+メルヘン」の味わいを創出する。裏通りの淡い恋模様がまた絶品!

    アクションは主に喧嘩程度だが、ステイサムなら『PAKER/パーカー』でしょ、というシブ好みの人には超おすすめ。

動画

映画『ハミングバード』予告編(30秒)

ポスター/チラシ

  • 映画『ハミングバード』ポスター
    ポスター
  • 映画『ハミングバード』チラシ
    チラシ
  • 映画『ハミングバード』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ハミングバード』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ハミングバード (2012) ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2014年6月30日 3時23分)
    ジェイソン・ステイサム主演の犯罪映画だが、アクション一辺倒ではない。 戦争の精神的な後遺症、修道女との交流、殺された少女の復讐、別れて暮らす妻子への想い、などが描かれている。 映画に出てくる修道院長は頭ガチガチのイメージがあるけれど、案外物分かりが良かった。 □ アフガニスタンで特殊部隊員として従軍していたジョゼフ・スミス軍曹は目の前で仲間5人を殺され狂気の報復行動をするのが無人偵... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ハミングバード from 映画三昧、活字中毒 (2014年6月20日 0時43分)
    ■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ハミングバード/HUMMINGBIRD 2012年/イギリス/100分 監督: スティーヴン・ナイト 出演: ジェイソン・ステイサム/アガタ・ブゼク/ヴィッキー・マクルア/ベネディクト・ウォン 公式サイト 公開: 2014年06月07日 ジョゼフ・スミス軍曹は、アフガニスタンでの戦闘中に5人の仲間を失ったことからPTSDを発症し、陸軍病院... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ハミングバード」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2014年6月16日 1時9分)
    昨日に引き続き、骨太と期待しながらも若干期待外れだった映画。主演のジェイソン・ステイサムと言えば、かなりの映画ファンでも彼が銃を構える1シーンを撮っただけではどの映画か絶対にわからないと言うほど殺し屋、兵士、アウトローを演じ続けている俳優ですが、過去… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ハミングバード from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2014年6月11日 0時18分)
    Hummingbird [DVD] [Import] [DVD]人生を捨てた男がある事件をきっかけに裏社会で復讐を遂げるサスペンス「ハミングバード」。アクションではなく演技で勝負するジェイソン・ステイサムが新 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ハミングバード from ダイターンクラッシュ!! (2014年6月8日 3時51分)
    2014年6月7日(土) 18:30~ チネ10 料金:0円(TAKE5ポイント利用) パンフレット:未確認 禿対決、第2弾の圧勝。 『ハミングバード』公式サイト 「トカレフ」同様に、どんよりと暗黒雲の下で生活し、陰々滅々な内容なのだが、こっちには人格者のシスターが存在し、ハードボイルドなラブ・ストーリーになっていた。こっちの禿は、あちらと違ってバカじゃないし。 そう、話の内容が、俺の気に入るハードボイルド小説の雰囲気である。 「トランスポーター」や「アドレナリン」、「デス・レース」のような知能 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2014年6月2日の週の公開作品
  3. 『ハミングバード』