シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
父の初七日
(C) 2010 Magnifique Creative Media Production Ltd. Co. ALL rights reserved
英題:
父後七日
製作年:
2009年
製作国:
台湾
日本公開:
2012年3月3日
(東京都写真美術館 ほか)
上映時間:
配給:
太秦
カラー/ビスタプサイズ/35ミリ

チェック:台湾で執筆活動を行っているエッセイ・リウが自身の散文「父後七日」を基にワン・ユーリンと共同でメガホンを取り、本国でロングランヒットを記録した笑って泣ける家族の物語。台湾の田舎町を舞台に、父親の葬儀をめぐって繰り広げられるさまざまな出来事をユーモアたっぷりに描写する。本作が映画初出演のワン・リーウェンが都会で働く娘を好演。彼女の父親を『幻遊伝』などのベテラン、タイ・バオが演じている。にぎやかな台湾式葬儀のあり方や、万国共通の別れをテーマにした物語に引き込まれる。

ストーリー:台北で仕事をしているアメイ(ワン・リーウェン)は、ある日突然父の訃報を聞き、台湾中部・彰化県にある実家に帰省する。道士でもある叔父(ウー・ポンフォン)が中心となり、伝統的な道教式葬儀が営まれることが決定。占いで7日後になった野辺送りの日まで、彼女は兄(チェン・ジャーシャン)と共に父をおくる数々の儀式をこなしていく。

父の初七日
(C) 2010 Magnifique Creative Media Production Ltd. Co. ALL rights reserved

動画

映画『父の初七日』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『父の初七日』ポスター
    ポスター
  • 映画『父の初七日』チラシ
    チラシ
  • 映画『父の初七日』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『父の初七日』台湾茶
    台湾茶

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・原作・脚本:
監督・製作:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『父の初七日』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 父の初七日 ▲ from どんくらの映画わくわくどきどき (2012年6月21日 3時4分)
    父親の死後七日間を描く台湾映画。邦画「お葬式(1984)」では妻の父親が急死し心の準備をしていなかった夫婦がお葬式の手続きもわからずあたふたする映画だった。今回観た台湾映画の場合、叔父が「道士」という... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 父の初七日 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2012年3月28日 0時11分)
    台湾の伝統的な葬儀や慣習が興味深いハートフルな人間ドラマ「父の初七日」。別れの悲しみや家族の絆は万国共通なのだ。台北の大企業で働く娘アメイが、突然の父の訃報で帰郷する ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画・父の初七日 from 読書と映画とガーデニング (2012年3月14日 19時54分)
    2009年 台湾原題 父後七日(Seven Days In Heaven) 邦題には少々違和感あり 舞台は台湾中部・彰化県の片田舎父親が危篤という知らせに台北で働く娘アメイ(阿梅)は兄・ダージ(太志)と共に病院に駆けつけるしかし臨終には間に合わず病室では父親の身体からチュー... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年2月27日の週の公開作品
  3. 『父の初七日』