シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
小学生には助言・指導が必要

ポエトリー アグネスの詩(うた)

ポエトリー アグネスの詩(うた)
(C) 2010 UniKorea Culture & Art Investment Co. Ltd. and PINEHOUSE FILM.
英題:
SHI
製作年:
2010年
製作国:
韓国
日本公開:
2012年2月11日
上映時間:
配給:
シグロ / キノアイ・ジャパン
カラー/ドルビーSRD

チェック:『シークレット・サンシャイン』の名匠イ・チャンドン監督が、16年ぶりにスクリーンに戻ってきた韓国の女優ユン・ジョンヒを主演に迎えた魂の賛歌。娘の代わりに孫息子を育てている初老の女性が一編の詩を紡ぐことを心の糧に、ある事件にまつわる現実と対峙(たいじ)していく過程を映し出す。出演者も『宿命』のアン・ネサンや、『冬の小鳥』のパク・ミョンシンら実力派俳優が集結。第63回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した心に染みる物語が深い余韻を残す。

ストーリー:66歳のミジャ(ユン・ジョンヒ)は、中学生の孫ジョンウク(イ・ダウィット)と二人で暮らしている。ある日、彼女は右腕に痛みを感じて病院に行くが、体の不調より物忘れのひどさを懸念され、精密検査を勧められる。診察後、ミジャは川で投身自殺した女子中学生の母親(パク・ミョンシン)が錯乱状態に陥っている姿を偶然目撃し……。

ポエトリー アグネスの詩(うた)
(C) 2010 UniKorea Culture & Art Investment Co. Ltd. and PINEHOUSE FILM.

動画

映画『ポエトリー アグネスの詩(うた)』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ポエトリー アグネスの詩(うた)』ポスター
    ポスター
  • 映画『ポエトリー アグネスの詩(うた)』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ポエトリー アグネスの詩(うた)』押し花ポストカード
    押し花ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
プロデューサー: イ・ジュンドン
エグゼクティブプロデューサー: ヨム・テスン / チョイ・ソンミン
共同エグゼクティブプロデューサー: ミシェル・サン=ジャン / チョン・ミョンス / イ・スンホ / イ・ジョンホ
共同プロデューサー: イ・ドンハ
照明: キン・バダ
アシスタントディレクター: パク・ジョンボム
ヘアメイク: ファン・ヒョンギュ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ポエトリー アグネスの詩(うた) from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2012年3月9日 0時16分)
    一篇の詩に辿り着くまでの美しく残酷な魂の旅を描く「ポエトリー アグネスの詩(うた)」。最小限に抑えられた感情表現に深い陰影を見る。地方都市に住む初老の女性ミジャは、遠い ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ポエトリー アグネスの詩/?/深く静かに感じ入る、そんな作品です from LOVE Cinemas 調布 (2012年3月6日 0時11分)
    『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドン監督がなんと16年ぶりにスクリーンに復帰した女優ユン・ジョンヒを主演に据えた作品だ。孫息子を育てる初老の女性が一編の詩を紡ぎだそうと努力する中でとある事件と対峙していく姿を描く。共演に『宿命』のアン・ネサンや、『冬の小鳥』のパク・ミョンシン。第63回カンヌ国際映画祭脚本賞を獲得している。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ポエトリー アグネスの詩 from キノ2 (2012年3月4日 18時10分)
    ★ネタバレ注意★  『オアシス』『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドン監督最新作。  2010年のカンヌ国際映画祭では、パルム・ドールと脚本賞にノミネートされ、脚本賞(イ・チャンドン)を受賞しています。  静かな地方都市。66歳のミジャ(ユン・ジョンヒ)は、釜山で働く娘の代わりに中学3年生の孫ジョンウク(イ・デヴィッド)を育てている。生活保護と介護ヘルパーの仕事が頼りの暮らしは豊かではないが、「おしゃれなひと」と呼ばれることに喜びを感じ、軽やかな帽子、ふんわりしたスカート、綺麗なレ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ポエトリー アグネスの詩・・・・・評価額1750円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2012年2月15日 0時22分)
    残酷な現実に彷徨う老女が、最後に辿り着いた「詩」とは。 「グリーンフィッシュ」「ペパーミント・キャンディー」「オアシス」「シークレット・サンシャイン」、そして「ポエトリー アグネスの詩」。 42... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2012年2月6日の週の公開作品
  3. 『ポエトリー アグネスの詩(うた)』